ジタルアート展『「巨大映像で迫る五大絵師」−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−』が、7月16日(金)から9月9日(木)まで、大手町三井ホールにて開催される。本展は、日本の伝統美術をデジタル技術と映像演出で新たな魅力発見につなげることをミッションとしたプロジェクト『ART-JAPANESQUE DIGITAL WORLD』の第一弾企画。歌舞伎俳優・尾上松也がアンバサダーを務める。

『「巨大映像で迫る五大絵師」−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−』※会場イメージ

『「巨大映像で迫る五大絵師」−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−』※会場イメージ

『「巨大映像で迫る五大絵師」−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−』※会場イメージ

『「巨大映像で迫る五大絵師」−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−』※会場イメージ

本展では、高輝度4Kプロジェクターを駆使した映像を3面ワイド45mの巨大スクリーンに投影し、国宝および重要文化財を含む40作品以上を展示。葛飾北斎の《冨嶽三十六景》、歌川広重の《東海道五拾三次》、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの《風神雷神図屏風》、伊藤若冲の代表作《仙人掌群鶏図》など、日本美術の歴史的作品の数々を超高精細デジタルアートとして蘇らせる。
また、「解説シアター」では、作品を拡大表示しナレーション(英文字幕)による解説を聞けるほか、「Digital北斎×広重」コーナーでは、《冨嶽三十六景》と《東海道五拾三次》からセレクトした約60作品を大型モニター10数台で紹介する。

主な上映作品

葛飾北斎 《冨嶽三十六景》「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」、他
歌川広重 《東海道五拾三次》「日本橋 朝之景」「蒲原 夜之雪」「庄野 白雨」、他
俵屋宗達 国宝《風神雷神図屏風》 
尾形光琳 重要文化財《風神雷神図屛風》、《菊図屏風》、《雪松群禽図屏風》
伊藤若冲 重要文化財《仙人掌群鶏図》、《百花の図》

展示作品

展示作品

展示作品

展示作品

展示作品

展示作品

本展は上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムを採用。上映作品リスト第一弾とダブルプログラムのカレンダーは5月21日(金)に公式サイトで公開するとのこと。あわせて同日5月21日(金)12:00よりイープラスほかプレイガイドにて前売券の販売も開始となる。展覧会の詳細は公式サイトで確認を。