本多劇場グループが、新宿シアタートップスの再開を発表した。

下北沢に本多劇場をはじめとして8館の劇場を有する本多劇場グループが松竹芸能株式会社から現在の松竹芸能 新宿角座の運営を引継ぎ、劇場の名称を「本多劇場グループ 新宿シアタートップス」に変更して、2021年8月よりリニューアルオープンするというもの。新宿角座以前に同劇場は「新宿シアタートップス」の名称で、1985年から2009年まで、新宿地域を代表する小劇場として、演劇ファンに親しまれてきた。今回、本多劇場が発表した内容は以下のとおり。

本多劇場グループ 新宿シアタートップス 開業のお知らせ
 
本多劇場グループ(本社:東京都世田谷区、 代表:本多一夫)はこの度、 、 松竹芸能株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、 代表取締役社長:関根 康)が運営を行ってきた 『松竹芸能 新宿角座』 (東京都新宿区新宿 3ー20ー 8 WaMall トップスハウス 4階)の運営を引き継ぎ、 2009 年 3 月に惜しまれながら閉館した 『新宿シアタートップス』 を 2021 年 8 月に再開することにいたします。
 
私たちは永年、下北沢で、演劇関係者だけでなく地域の皆さまやお客様のご協力のもと劇場を運営しております。
 
新宿という新たな街でも、微力ながら演劇の発展に尽くし、そして、街の皆さまと演劇を通じての出会いを大切に、 ビルの所有者であるテンワスグループと共に「街に根付く劇場」の運営をしていきたいと思います。
 
今後も、 コロナ禍における数々の制約の下でも劇場の灯りを消さないよう、感染防止対策を徹底し、劇場へ足をお運び下さるお客様や出演者・スタッフの皆さまの安心安全の確保に努めてまいります。
 
下北沢本多劇場グループの8館の劇場、並びに、本多劇場グループ 新宿シアタートップスをどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
2021年5月19日           
本多劇場グループ    代表 本多一夫
本多劇場グループ 総支配人 本多慎一郎