ゆずが2021年5月29日(土)、オンラインライブ『YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN Supported by 日本生命』の初日公演「DAY1 YUZUTOWN」を開催。終盤に未発表の新曲『NATSUMONOGATARI』を、ファンに初披露した。
ゆずは、2020年3月に発売されたアルバム『YUZUTOWN』を引っさげて、同年3月より全国アリーナツアー『YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN』を開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で全公演が中止に。それでも、最終リハーサルまで仕上げた”YUZUTOWNエンターテイメント”を「どうしても皆さんに届けたい」という二人の想いから、1年越しにオンラインライブとして開催することを決意。このほど開催された「DAY1 YUZUTOWN」は、本来アリーナツアーとして行う予定だったセットリストをベースに再構築された。
幻想的な照明演出の中で披露された新曲『NATSUMONOGATARI』は、2004年に発売されたゆずの人気楽曲『桜木町』のアフターストーリーとして制作された楽曲で、ソリッドなバンドサウンドとゆずのエモーショナルな歌声が融合。“臨港パーク”や“ベイブリッジ” など横浜の風景描写が散りばめられながら、『桜木町』の歌詞やメロディも随所にサンプリング。過去と現在が交差する、切ない夏のラブソングとなっている。
さらに、この楽曲が昨年8月発売の『公私混同』以来、約10カ月ぶりの新曲として6月2日 (水)に配信リリースされることも決定した。なお、6月2日は『桜木町』のCDシングル発売日と同日となっている。
ゆずの公式SNSでは、発売告知となるキービジュアルが投稿。またインスタグラムでは、『NATSUMONOGATARI』楽曲アカウントも開設された。ゆずは6月5日(土)、『YUZUTOWN』の世界観を踏襲しながら、DAY1とは異なるセットリストで新たに構築されたオンラインライブ2公演目「DAY2 ALWAYS YUZUTOWN」を開催する。