2021年5月24日(月)、Yogibo presents RIZIN.28へ出場する扇久保博正と岡田遼が千葉県内で合同練習を公開した。

(記事元:RIZIN公式サイトより)

今回の対戦相手・春日井“寒天”たけしとは約7年ぶりの再戦となる扇久保博正。手の内が知られている者同士、果たしてどの様な闘いを見せるのか。

修斗世界王者にしてRIZIN初参戦となる岡田遼。その闘い方は綿密で、相手に合わせ都度作戦を変えて挑むと言われる。元DEEP王者・元谷友貴にどの様な対策で挑むのか、注目が集まる。

公開練習では、扇久保の2分間のミット打ち、扇久保と岡田の2分間のマススパーを披露。その後、インタビューに応じた。

扇久保博正 2分間ミット打ち 公開練習風景

扇久保博正 2分間ミット打ち 公開練習風景

扇久保博正 & 岡田遼 2分間マススパー 公開練習風景

扇久保博正 & 岡田遼 2分間マススパー 公開練習風景

扇久保博正 & 岡田遼 質疑応答


ーー東京ドームのイメージを教えてください。

扇久保 東京ドームのイメージ...(ヴァンダレイ・)シウバ 対 吉田秀彦ですかね。

岡田 自分は、読売ジャイアンツです。

ーー岡田選手はジャイアンツ好きなんですね。東京ドームとなると、あの広いエリアにリングが置かれると思いますが、そのことに関して不安などはないですか?

扇久保 不安より楽しみの方が大きいです。

岡田 東京ドームで試合をすること僕の人生の中であると思っていなかったので、ほんの数ヶ月前までは。なので一生に一回の機会だと思って楽しみながらしっかり結果を残そうを思います。

ーー先程ピンホールを取られた扇久保選手ですが、今回のバンタム級グランプリに同門で出るということに関して話し合いなどはしましたか?

扇久保 ピンホールは、さっき急に言われたので、すごい無茶振りしてくるなと思ったんですけど(笑)。でも、お互いに「決勝で闘う時は、全力で闘おう」と話し合って言っているので、そこは覚悟しています

岡田 本当、全く同じで、もしも当たることになれば、自分たちの鶴屋さんから教わったMMAでたくさんの人達が楽しんでくれれば良いかなと思います。

扇久保「このトーナメントは自分にとって最高のチャンス」


ーー扇久保選手に質問ですが、相手の春日井選手とは7年前に対戦されていますが、今回また対戦するにあたって、映像などで研究されて、新たな警戒ポイントや新しい印象などあれば教えて下さい。

扇久保 あの時よりパンチで攻めてくる印象がありますが、基本はそんなに変わっていないのが印象ですね。

ーー前回の闘い方をベースにして、というのが大きななところですか?

扇久保 前回みたいになるかはわからないですが、違う展開になるんじゃないかと思います。

ーー以前は打撃の強化というところをポイントに挙げてこられていたと思いますが、今回も試合に向けて打撃を磨き上げるというようなそういった練習をされていますか?

扇久保 打撃も全部、レベルアップするような練習をしているので、どの局面になっても圧倒すると思います。

ーー今回勝ち進めば、一度敗戦を喫している朝倉海選手、勝ち進めば堀口選手とのリベンジに辿り着けると思いますが、今回のトーナメントに賭ける意気込みは強いですか?

扇久保 そうですね、このトーナメントで全部、今までの敗戦とかを払拭できると思うので、自分にとって最高のチャンスだと思います。

公開練習でプロレス?発案者・岡田の意図とは


ーー先程の公開練習のプロレスなんですが、その意図を改めて教えていただけますか?

岡田 これはですね、UFCでミドル級のチャンピオンの(イズラエル・)アデサニヤが公開練習でプロレスをやってむちゃくちゃ盛り上がったんですよ。それを見て自分が「あ、良いな」と思っていて、今日急に扇久保先輩に無茶振りして、僕が「これでやって下さい」と無理なお願いをして、一生懸命打ち合わせをして、できた作品がアレです。

扇久保 打ち合わせ10分くらいですね。

ーープロレスの出来は何%くらいでしたか?

扇久保 ほぼ100%くらいです。

岡田 俺は150%くらいだったかな。

ーーちなみに扇久保さんは、なぜ負けを素直に受け止めたのですか?


岡田 (笑)先輩の大きさですよ。

扇久保 そういうことです。器の大きさです(笑)

扇久保「一本かKO出来るように」
岡田「相手の嫌なところで闘う性格の悪さ僕が勝っている」


ーー現時点として、言える範囲で対戦相手について自分が勝っている点と、警戒すべき点はどこですか?

扇久保 自分の相手の春日井選手は、スタミナがすごいある選手、あと気持ちの強い選手なのでそこを警戒しています。でも自分は全部、打撃も寝技もレスリングも全て勝っていると思うので、これまでRIZINでは判定が続いているので、今回は一本かKO出来るようにしたいと思います。

岡田 元谷選手の注意すべき点は、極めが強いことですね。いろんな「そんな技あるんだ」って、勉強になる技を使っているので、そこは警戒すべき点かなと思います。僕が勝っていると思う点は、相手の嫌なところで闘い続けられる性格の悪さ、そこは僕の方が勝っていると思います。

ーー扇久保選手に質問ですが、前回も試合の後に「負けたら背水の陣で辞めようかな」と言う言葉もありましたが、今回も同じ様な気持ちで挑まれますでしょうか?

扇久保 これは毎度で、すぐ辞めようとするんですけど...でも本当に、それくらいの覚悟を持って闘おうと思っています。

ーー今回の1ヶ月の延期で、練習方法の変更など影響はありましたか?

扇久保 自分はそんなにないですね。練習が3週間伸びたので、追い込みが3週間出来るとプラスに捉えています。

岡田 僕も、修斗の防衛戦が3月の後半にあって、5月に試合だと試合スパンが短くて、防衛戦で負っていた怪我も治って、万全の体調でコンディションで試合に挑めるなとプラスに捉えています。

二人が語る「修斗を体現する」とは


ーーお二人は普段、どんなこと話していますか?

扇久保 人の悪口とか...(笑)。

岡田 鶴屋さんの悪口ではないです!

扇久保 練習の反省とかですかね。

岡田 技術のこととか。

扇久保 毎日一緒に練習しているわけではないので、「体調どう?」とか、そういう話は多いですかね。

岡田 相談に乗ってもらったりしています。僕は扇久保さんに「こういう時どうすればいいですか?」など。

ーー「修斗を体現する」とおっしゃっていましたが、それはどういう事か言葉で教えていただけますか?

扇久保 “打・投・極”という言葉があって、打撃も投げも寝技の極めも、それが途切れなく全てが繋がって行く、全てが一つの技になっていく様な感じが「修斗」だと思っているので、岡田くんも僕も、その“打・投・極”を一番表現できる選手だと思っています。

岡田 「どういうのが修斗なんですか?」と言われたら、「俺と扇久保さんの斗い(たたかい)方が修斗です」と言います。

ーー岡田選手が書いていた方程式など具体的なものはなく、バランスが取れた状態のような感じですか?

岡田 そうですね、何か一つに執着するのではなく、全てが流れていくようにして闘っていくというのが修斗の理念なので、僕はそういうふうなMMAファイターを目指しています。

岡田「誰かの言葉や評価にモチベーションを左右されることはない」


ーー岡田選手に質問ですが、RIZIN初参戦で東京ドームという大きな会場で、その大舞台で力を発揮するカギはどこにあると思いますか?

岡田 大舞台ということに気負わないことだと思います。いつも通りで、いつもの修斗の後楽園ホール大会で、メインイベントで防衛戦するそのままを東京ドームでやろうと思っているので。特に東京ドームだから、RIZINだからアレを変えるというのは全く無く、いつも通りに平常心で、会場がどこでも自分の試合をするだけです。それが良いパフォーマンスに繋がると思います。

ーー今回の元谷選手との試合は予想が難しいと思いますが、青木真也選手が元谷選手の有利性を述べていて、岡田選手はそれに対して「試合を熱くしてくれてありがとう」と言っていましたが、ああいうことを言われて燃える部分はありますか?

岡田 誰かの言葉や誰かの評価でモチベーションが左右されることは全くないので、誰がどっちが勝つと言ったり言われたりありますが、何とも思わないですね。多分、他のトーナメントの勝敗予想を青木さんがしたというのも聞こえてこないし、元谷岡田のカードだけ「元谷の格が違う」と言っていると思うんですよ。それはありがたいですね、プロモーションにもなるし。

扇久保「(春日井選手は)頭のおかしさも似ている、シンパシーを感じる」

ーー現在発売中のゴング格闘技のインタビューで、春日井選手が扇久保選手に、以前闘ったときもVTJの一回戦で闘ったので、今回のトーナメント一回戦ということで扇久保選手に運命的なものを感じる、と話していたのですが、扇久保選手はどうですか?

扇久保 そうですね、(春日井選手は)頭のおかしさも似ているかなと思います。僕もちょっとシンパシーを感じています。

ーーお互いの成長度合いに関して、春日井選手は自身の成長を感じていて、今回は自分の全てを掛けてぶつかりたいとおっしゃっていますが、扇久保選手はご自身の成長度と相手の成長度を比べてどのように感じていますか?

扇久保 自分の方が全然成長していると思いますし、相手も成長していますが、今まで闘ってきた相手のレベルも結構違う思うので、僕のほうが全然レベルが上だと思います。

岡田「リスクを負わず堅実に攻めるが、相手がミスしたらそこは見逃さない」


ーー現在発売中のゴング格闘技のインタビューで元谷選手が岡田選手に対して「リスクを追わない堅実なタイプ」という印象を持っていると話していました。元谷選手は自身を「リスクを負ってもフィニッシュを狙ってアグレッシブに行く」とおっしゃっていました。このことに関してはどう思いますか?

岡田 元谷選手はリスクを負ってフィニッシュに行く反面、戦績を見てみれば分かると思いますがフィニッシュもされている訳じゃないですか。僕はフィニッシュされる試合は少ないし、実は俺もちょこちょこフィニッシュしているんですよ。リスクを負わず堅実に攻めているんですけど、相手がミスしたらそこは見逃さないぞ、と言うのはあるので、チャンスが有ればフィニッシュします。

ーーリングでRIZINルールになりますが、そこに関してご自身に向いている、向いていないなどどのように感じますか?

岡田 個人的には金網の方が好きですし、金網のほうがやりやすいしっていうのはありますが、今日も公開練習前にこのリングで試合形式でやっていて、リングでロープでやるのがかなり久しぶりなんですが、感覚を思い出してきて、試合までには特に問題ないのかなと思っています。

ーー元谷選手はPARAESTRA TOKYO-BAYで出稽古していたこともあったと思いますが、そちらで噂を聞いたりとか、そこでの接点などはなかったですか?

岡田 元谷選手と僕の接点はないですね。ただ練習したことはあるという方たちは何人かいらっしゃるし、試合した扇久保さんがいるので「(元谷選手は)こんな感じだよ」という情報はもらっています。


ーー元谷選手のDEEPでの米山戦や昇侍戦を見て、元谷選手のメンタリティなどはどのように感じていうますか?

岡田 僕の感じている元谷選手は、ムラがあると正直思っています。昇侍戦や米山戦では良いパフォーマンスだったんですけど、時々ポカしちゃうじゃないですか。ちょっともったいないところもあるかなと思います。

ーー岡田選手はそこを突くことが出来ると?

岡田 自分は見逃さないぞと思っています。

ーー扇久保選手は抽選会のときに井上選手を呼び込んで、結果違うところに行ってしまいましたが、やはり井上選手と闘いたかったですか?

扇久保 井上選手とやることしか考えていなかったです。

ーー岡田選手はDEEP代表の元谷選手と対戦しますが、自分の修斗らしさを体現しますか?

岡田 もちろんです。DEEP対修斗なので見ていてください。

扇久保、岡田がトーナメント参戦で意識しているところとは?


ーー改めて、今回のトーナメントというところで通常と違う所、対策している部分はありますか?

扇久保 トーナメントに向けては、1年長いのでそこを見据えて、スパーの数を減らしたりしています。

岡田 ちょうど今日、扇久保さんから練習前に「今年の1年は長いから、もうちょっと抜き目で大丈夫だよ」と話しをされたので、詰めすぎず良いコンディションを当日に持っていけるように、頑張りすぎないようにちょっとブレーキ掛けながらやろうかなと思います。

ーー技術的なことよりもコンディショニングに重点をおいているということですか?

扇久保 実力もそうですが、フィジカル的な、怪我やメンタルもあるので、そこら辺も含めてのトーナメントだと思っています。

岡田 技術はパエストラに来て15年近く積み上げてきた過去があると信じているので、後は試合当日に怪我をしないで、良い精神状態、良い体調で臨めば結果は雑多いついてくると思うので、技術よりコンディショニングは結構大事に思っています。

プロレスの感想、減量に関してなど、イチナナからの質問に回答!


ーー17LIVEからです!これまでにコメントが一番多かったのは「さっきのプロレス最高だよ!」というものだったり...

岡田 本当ですか?!良かった?!

ーーあとは「扇久保選手のロープワーク、下手です」というものだったり...

岡田 (笑)

扇久保 (岡田選手が)10分前にやれって言ってきたんで...

ーーその他にも岡田選手に「扇久保選手からかめはめ波を習っていたようですが、それは試合に活かせますか?」という質問が来ています。

岡田 そうですね、元谷選手は結構、寡黙にやってくるので、突然(かめはめ波を)やったらびっくりするかと思います。奇策の一つとして持っておこうと思います。

ーー生配信は緊張していますか?

扇久保 (岡田選手に対して)緊張してる?

岡田 プロレスがすげぇ滑るんじゃないかと思って...

ーー「なかなか見たことなかったので、二人のイメージが変わりました」というコメントもありました。

扇久保 まだイメージ変わってなかったっすか?(笑)


ーー試合まで3週間前ということで「毎日どれくらい練習しているか」「食事の制限などはありますか?」という質問がきています。

扇久保 練習時間は日によって、コンディションによって違いますが、試合は5分3Rなので、その時間は集中して全力でやるという時間は設けて、それに付属して補強とかをやっていってますね。食事はジャンクなものなど食べず、クリーンなものだけ食べてます。

岡田 練習は1日2回くらいやって、栄養素は減量中は本当にクリーンな食事と、サプリを大量に摂っています。

ーー減量の幅はどれくらいありますか?

扇久保 僕はあと5kgくらいですね。

岡田 僕はトータル10kgで、残り6kgくらいですね。

ーー2回戦に誰とやりたいか教えて下さい。

扇久保 やるんであれば井上直樹選手とやりたいですが、朝倉海選手ともやりたいですし...でも多分、石渡さんと井上選手なら石渡さんが勝つと思うので、僕は朝倉海選手とまたできればと思っています。

岡田 僕は扇久保博正以外の強いやつと。井上選手と石渡選手の勝者か、朝倉海選手とやりたいです。

ーーYouTubeの撮影は次いつやりますか?

扇久保 試合まではやらないと思います。ストックがあるのでそれを出していくと思います。

岡田 自分は今週月曜に撮影しようとなっているので、試合前はそれが最後になると思います。

ーー最後に17LIVEをご覧頂いているユーザーの皆様に一言お願いします!

扇久保 チャンネル登録よろしくお願いします!

岡田 6月13日、東京ドーム大会、僕と扇久保さんの試合を楽しみにしていて下さい!今日はプロレスのご視聴、ありがとうございました!!