朝活時間のミュージカルクラスや舞台クリエイター&アクターを紹介するイベントを多くプロデュースして きた夜明けの劇場 Theatre at Dawn(シアター・アット・ドーン)が、2021年6月、有楽町 micro FOOD & IDEA MARKETにて、早朝のカフェ空間を利用した、朝カフェ芝居『迷える子シープたち』を上演する。

舞台は朝のカフェ。グループ占い「あんたの人生占いまっせ、迷える子羊の館へようこそ!迷える子シープたちよ!」に集まる人々が繰り広げる45分間のコメディ作品。作・演出は保科由里子が手掛ける。
メインキャストとして小早川俊輔、多岐川装子、関根麻帆、妃白ゆあが出演。久野飛鳥による生演奏ピアノ、そしてオンラインで登場する回替わりゲストとして、樋口麻美、岸祐二、 悠未ひろが登場する。

【プロフィール】

<メインキャスト>

◆小早川俊輔  SHUNSUKE KOBAYAKAWA

大阪府出身。早稲田大学演劇研究会を経て、2013年につかこうへい作の舞台『飛龍伝』で俳優デビュー。高い身体能力を生かし『テニスの王子様 3rdシーズン』『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』に出演し一躍人気を博す。『白痴』『銀河英雄伝説 Die Neue These』『クロードと一緒 に』では主演を務めるなど、舞台を中心に研鑽を積んでいる。近年はドラマ「チョコレート戦争 〜朝に 道を聞かば夕べに死すとも可なり」(tvk)や「 警視庁捜査一課長2020」(EX系)「MIU404」( TBS 系)映画「HERO〜2020〜」 など映像でも活躍している。テレビでは、tvkの情報番組「猫のひたいほどワイド」に2021年まで7年間レギュラー出演し、レポーターを務めるなどバラエティ経験も豊富。

◆関根麻帆  MAHO SEKINE

3歳からバレエを初め、14歳の時にイギリスのエルムハーストバレエスクールに単身留学。多くの公演に出演する。帰国後、劇団青年座研究所入所。その後劇団四季に入団。『魔法をすてたマジョリン』の主演のマジョリン役、『思い出を売る男』の花売り娘はるみ役をはじめ、ミュージカルからストレートプレイまで幅広く、数多くのメインキャストを演じている。退団後、音楽座ミュージカルの『Love of seven dolls〜七つの人形の恋物語〜』に主演のムーシュ役で出演。また2018年に上演した『父と暮せば』(演出:保科由里子)の美津江役に於いて演劇評論家の江森盛夫氏の選ぶベストワン主演俳優として推挙される。

◆多岐川装子  SOKO TAKIGAWA

大阪府出身。立教大学経済学部卒業。劇団ふるさときゃらばんに10年間所属し多くの劇団作品に出演し日本全都道府県を周る。退団後は宮本亜門演出『スウィーニー・トッド』『三文オペラ』『狸御殿』他、『ラ・カージュ・オ・フォール』『屋根の上のヴァイオリン弾き』『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳』『ポーの一族』等のミュージカルや蜷川幸雄演出の『身毒丸』『あゝ、荒野』『海辺のカフカ』等。村上春樹原作『海辺のカフカ』ではワールドツアー、フランスパリ公演にも参加。都内ライブハウスで主にシャンソン歌手としても定期的に活動。

◆妃白ゆあ  YUA HISHIRO

滋賀県出身。宝塚歌劇団に92期生として入団。『ロミオ&ジュリエット』『オーシャンズ11』『ナポレオン』『おかしな二人』『風と共に去りぬ』などに出演。2016年に『こうもり、THE ENTER TAINER』で 退団。退団後は女優として舞台を中心に活躍。近年の主な出演作品に『デスノート THE MUSICAL』 『PIPPIN』『キス・ミー・ケイト』『リビングルームミュージカル』『ベルサイユのばら45』『ローマの 休日』等に出演。舞台を中心に活動する傍ら、ダンスクラスや宝塚受験生のレッスン、ジャイロトニックトレーナーとしても活動する。

◆久野飛鳥  ASUKA KUNO(ピアノ)

1997年東京都出身。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。学内において長谷川良夫賞受賞。ミュージカル団体『東のボルゾイ』『20's』を主宰し、舞台音楽、特にオリジナルミュージカルの作曲を中心に活動している。主な作品は、ミュージカル『なんのこれしき』『夢拾夜』『Liar』舞台『お月さまへようこそ』 『SPRING AWAKENING』など。ミュージカルやコンサート、Cafe&Diner『Offza』で演奏するなど、 伴奏者としても幅広く活動中。

<回替わりゲスト> オンライン出演

◆樋口麻美  ASAMI HIGUCHI【6/12、6/13出演】

小学校の頃からクラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス、ピアノ、声楽を学ぶ。高校生の時に劇団四季に合格。『ライオンキング』『夢から醒めた夢』『アイーダ』『南十字星』『クレイジー・フォー・ ユー』『ウエストサイド物語』『ウィキッド』『コーラスライン』『キャッツ』『壁抜け男』『李香蘭』など数々の作品で主要な役を演じた。『マンマミーア!』ではソフィとドナ両役を務めた世界初の女優となった。退団後もコンサートやミュージカルなど多岐に渡り活躍中。

◆岸 祐二  YUJI KISHI【6/16、6/17、6/18、6/19出演】

東京都出身。1996年、特撮『激走戦隊カーレンジャー』(EX)の主役でデビュー。俳優として舞台、映 画、ドラマで活躍。声優として洋画やアニメの吹き替え、ゲーム「ストリートファイター」ケンVOICE等 で人気に。橋本さとし・石井一孝とのユニット「MonSTARS」としても活躍中。近年の主な出演作品に【舞台】『メリリー・ウィー・ロール・アロング』『新テニスの王子様』『ナイツ・テイル』『ロミオ&ジュ リエット』『ペテン師と詐欺師』『In This House〜最後の夜、最初の朝〜』【ドラマ】『陸王』(TBS)な ど。格闘技RIZINリングアナウンサーとしても活躍中!

◆悠未ひろ  HIRO YUUMI【6/20、6/22、6/23出演】

11月5日生まれ、東京都出身。1997年、宝塚歌劇団に入団。宙組の男役スターとして『逆転裁判3』など数々の舞台で17年間活躍し、『風と共に去りぬ』で2013年に退団。退団後は、『MOON SAGA-義経秘 伝-第二章』『NARUTO』『花園』などの芝居やミュージカルの舞台に出演。長身を活かしたダイナミッ クなパフォーマンスと、のびやかな歌唱を活かし、舞台にコンサートにと幅広く活躍している。

<作・演出>

◆保科由里子  YURIKO HOSHINA(脚本、演出)

俳優。劇作家・演出家。翻訳家・訳詞家。演技・歌唱・英語指導。日本大学芸術学部音楽学科声楽コース卒業後、単身渡NY。HB Studioにて演技の基礎などを幅広く学び、卒業後は演技をJamie Richards氏 に、歌をAdrienne Angel氏に師事。以後、OFF、OFF-OFFブロードウェイの舞台を中心に活動。同時に、学生映画、自主制作映画、TVなどの映像作品にも多数出演。NY唯一の日本人キャバレーパフォー マーとしても、ワンウーマンミュージカ ルコメディキャバレーショー(エロさ皆無の歌うスタンダップコ メディショー的な1人ショー)を7年間セルフプロデュース・作・主演 する。2005年「紙風船」(作:岸田國士、演出:小川絵梨子)の英語上演による演技を評価され、NYTimes紙に劇評が掲載された。11年2ヶ月のNY生活を終え、帰国。 現在は、小劇場から商業作品まで、学校公演から2.5次元まで、ミュージカルからストレートプレイまで、舞台を幅広く活動中。チームホッシーナ主宰。