本日より全国4箇所5公演のライブツアーをスタートさせる

 

くるりが、南米のアーティスト2組とコラボした楽曲「grito latino (feat. Tomi Lebrero & Loli Molina)」「Humano (feat. Antonio Loureiro)」を本日・6月2日(水)配信リリースし、合わせて配信ジャケットも公開となった。

「grito latino(グリト ラティーノ)」は、アルゼンチンのアーティストで京都音楽博覧会にも参加経験のある、バンドネオン奏者/コンポーザー/シンガー・ソングライターのTomi Lebreroと、ブエノスアイレス出身の女性シンガー・ソングライターLoli Molinaの歌唱・実演による1曲。「Humano(ウマーノ)」は、ブラジル・サンパウロ出身のシンガー・ソングライター/マルチ奏者/コンポーザーで、Tomi Lebrero同様に京都音博にも招致されたAntonio Loureiroが参加。兼ねてから縁深いアーティストとのコラボレーションが今回実現した。

この2曲は、「Latin(ラテン)」という仮タイトルのついた、くるりのバンド演奏のみとなる曲の原型を元に、Tomi LebreroとAntonio Loureiroが作詞し、歌唱・演奏を加えられて完成した作品。なお、オリジナルアルバム『天才の愛』に収録されている「ナイロン」は、同じく「Latin(ラテン)」を土台としており、「grito latino」「Humano」に触発されて、岸田繁がさらに独自解釈を広げ、作詞・歌唱・追加演奏された楽曲となる。

発表に合わせて、レーベルサイト“スピードスタークラブ”では柳樂光隆氏による楽曲レビューも公開。Tomi LebreroとAntonio Loureiroからのコメントも掲載されている。

また、Record Store Day Japan 2021(RSD Drops)のアイテムとして6月12日に発売される『天才の愛』LP盤(12inch/2LP)のSIDE Dにも、この2曲がボーナストラックとして収録されることも決定。加えて、SIDE Aの音源とはミックス・バージョンが異なる「潮風のアリア -alternative mix-」も同様にSIDE Dに収められている。本作は同時に発売される『thaw』と合わせてRSD Drops限定のアイテムとなる。