2021年7月15日(木)〜18日(日)大阪・サンケイホールブリーゼ、7月28日(水)〜8月8日(日)東京・紀伊國屋サザンシアターにて上演される「『ピース』-peace or piece?-」のメインビジュアルが公開された。

ビジュアルは、衛生的=正義という考え方が蔓延した社会で、「衛生」の象徴である白い服を着る若い男・レンジョウを演じる橋本良亮(A.B.C-Z)と、ウォーター・バーの経営者・オカモト役の篠井英介によるもの。白と黒の対照的な衣裳をそれぞれ身にまとった姿が印象的なビジュアルとなっている。

2020年7月上演の音楽朗読劇『日本文学の旅』(上演台本・演出 鈴木勝秀)以来、約一年ぶりの舞台出演となる橋本。本作では、演出家を務める鈴木勝秀との再タッグに期待が高まる。出演に際し、橋本は『ストーリーを目にした時、近未来だが、そう遠くないのではないかと感じた。今やるべき舞台だと、皆様にも感じてもらえるように表現したい』と意気込みをあらわにした。

橋本、篠井に加え、ミュージシャンに大嶋吾郎(ギター、キーボード)、グレース(パーカッション)を迎え、個性豊かな実力派キャストが集結。オリジナル音楽との融合で、一味違った朗読劇を上演する。上演台本・演出を手掛ける鈴木勝秀は、SixTONES京本大我主演『BOSS CAT』(2018年)、A.B.C-Z塚田僚一主演『Mogut』(2020年)等の台本・演出をはじめ、翻訳劇からオリジナル戯曲まで数多くの演出作品を手掛けてきた。

なお、本公演チケットは、2021年6月3日(木)12:00よりオフィシャルHP抽選先行の受付が開始となる。