2021年2月9日に急逝したジャズ界の巨匠チック・コリアをこよなくリスペクトする小曽根真が、2021年10月22日(金)Bunkamuraオーチャードホールにて、『トリビュートトゥチック・コリアスペシャル』を開催する。

小曽根と最強ビッグバンドのNo Name Horsesを中心に、チック・コリアの名曲のアレンジ楽曲を含めた特別なプログラムを用意。また公演には須川展也(サックス)と小柳美奈子(ピアノ)も参加し、チック・コリアが須川のために作曲した、サックスとピアノのための作品を披露するなど豪華なステージを繰り広げる。

今年80歳を迎えることになっていたチック・コリアを祝うため、オーチャードホールでは小曽根とのピアノデュオ・コンサートが予定されていたが、二人の共演は永遠に幻となってしまった。
チックへの感謝を込めて上演されるトリビュート・コンサートに注目だ。