レコードレーベル「dreamusic」と「KSR」がお互い創立20周年の節目に共同で新レーベル「FOLKY HOUSE(読み:フォーキーハウス)」を立ち上げることを発表した。

コロナ禍で音楽業界だけでなく世界中が前代未聞の事態になっている今だからこそ、アーティストの才能を尊重し、とにかくいい音楽を追求して、新たな可能性を生み出すべく発足。さらに、環境に配慮した活動を念頭に置いて、音楽だけでなくフィジカルの制作物にもこだわり、CDパッケージなどはプラスチックゼロにすることを目指している。

第一弾のアーティストとして、湘南乃風のメンバーとして活躍し、近年では役者や裏方としてもマルチに活動をする“新羅慎二(若旦那)”。今年でデビュー24周年を迎え、TOKYOFM「ディアフレンズ」のパーソナリティとしては10年目、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では劇中歌を歌う“坂本美雨”。さらにバンド荒川ケンタウロスのギターボーカル“一戸惇平”の作品をリリースすることが決定。多種多様に活動を続けるアーティストが揃った。新羅慎二は所属アーティストでありながら、レーベルプロデューサーも兼任する。

また、レーベル全体のデザインを本の装丁や活版印刷も手がけるアートディレクターのサイトヲヒデユキ氏が担当し、レーベルやアーティストのイメージを丁寧にデザインに落とし込んでいく。各作品に関する詳しい情報はまだ発表されていないが、随時情報解禁を予定。

8月より先行配信を開始して3ヶ月連続リリースを予定しており、各作品に関する詳しい情報はまだ発表されていないが、随時情報解禁されるのとのこと。

なお、新羅慎二は“そろそろ真面目に環境のことを話そう”というコンセプトをもとに、10名の方に自身で取材を行った本「循環」を自費出版。本日よりサステナブルメディア『ELEMINIST』にて先行販売を開始する。レーベルコンセプトに環境に配慮した活動を掲げた思いも込められている。

コメント

新羅慎二

昨今の音楽レーベルはまさに小売業の売り場が並ぶデパート化している。いわゆる浅く広くである。
大量消費が正義であった昭和、平成ではよかったのだろう。しかし、今は新時代。まさにパラダイムシフトの最中である。僕は個人商店が並ぶ神保町みたいな街が大好きだ。造詣深くマーケティングに即していない音楽を扱うお店。そして、音楽産業が環境に侵してきた罪も償いたい。合理的な商品パッケージをやめてなるべく環境負荷をかけないものにしようと思ってる。ここのレーベルは瞬発力より持続力を持つカンパニーであり続けたいと願う。

坂本美雨

これまで、人との出会いに恵まれ、様々な人と様々な環境で歌いながら、歌の在り方を探ってきました。不安や孤独感も抱えながら続けているうち、いつのまにか時が連なって、ばらばらだと思っていた点が線となり美しい景色を描いてくれる瞬間が訪れるようになりました。自分だけでは作れない、その瞬間のために生きているのかな、とおおげさかもしれませんが、思います。一緒にその景色を見たいよ、と言ってくれる仲間とまた歩めることを幸せに思います。