『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』(7月2日公開)より、メリオダスとゼルドリスの場面カットが公開された。また、兄弟を描くにあたっての原作者・鈴木央とスタッフ陣のコメントも到着した。

ぎこちなくも新鮮な、兄弟の姿

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

メリオダスとエリザベスは、旅の道中で弟・ゼルドリスと偶然の再会を果たす。そこでは、ぎこちなくも新鮮な兄弟らしいやり取りが描かれ、彼らの今まで見たことのない表情をみることができる。今回到着したのは、そんなメリオダスとゼルドリスの意外な一面を収めた場面カットの数々だ。

また、メリオダスらの前に立ちはだかる強敵は、二代目妖精王・ダリアと巨人の名工・ダブズ。彼らとの最後の戦いに挑むメリオダスとゼルドリスの姿も捉えており、シリーズ史上初となる“兄弟の共闘”シーンも。

今まで描ききれなかった、メリオダスとゼルドリスの関係性を描く

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

「当初、メリオダスとゼルドリスの2人の距離感の描き方について悩んでいた」と明かすのは、本作の監督を務める浜名孝行。「“いがみあってるわけではなく、お互いちょっと意地を張っている。内情は認め合っていてもそれを言葉にしない兄弟が、この一件を通して手を組み、固い絆で結ばれていく”と鈴木先生にお聞きしたので、それからは割とスムーズでした」と、原作者・鈴木央氏とのやり取りも伺え、劇場版では今まで描ききれなかったメリオダスとゼルドリスの2人の関係性をしっかりと描いている。

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

(C) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

また、TVアニメのシリーズ構成も務める脚本の池田臨太郎も、「兄弟の話を含め、僕が見たいものが満載されていたこともあって、僕の心の中だけではありますが、勝手ながら本作のテーマを“最後の〈七つの大罪〉”と決めました。そう本作をとらえて、最後だから見たいものを詰め込みたい!と、ネームからセリフやエピソードを膨らませていきました」と語っており、ファンにはたまらない内容が詰まっている模様。


鈴木氏はファンに向けて、見どころを「原作では描かれなかったキャラクターたちのその後、見たかったであろうメリオダス、ゼルドリスの兄弟のやりとり」とコメント。巨大なスクリーンで大暴れするド派手なアクションと、仲間たちの熱い絆を描く、“最後の物語”に期待が高まる。

完成披露プレミア上映会の衛星生中継付き舞台挨拶

『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』の完成を記念して、 6月21日(月)に丸の内TOEIにて行われる、完成披露プレミア上映会の衛星生中継付き舞台挨拶の実施が決定。生中継付き上映会チケットは6月19日(土)0:00(=6月18日(金)24:00)以降、各劇場にて順次販売開始予定。

詳細は、公式サイトにて確認を。

『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』は、原作者・鈴木央が描き下ろした、TVアニメから続く“最終章のその先”を描いた完全新作オリジナルストーリー。