『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の最後の入場者プレゼントが、2021年6月26(土)より配布されることが急きょ決定した。全国合計100万名へ、A4サイズのキャストサイン入りミニポスター『真希波・マリ・イラストリアス』バージョンまたは『渚カヲル』バージョンがどちらか1枚配布される(絵柄を選ぶことはできない)。

真希波・マリ・イラストリアスは本作の総作画監督・錦織敦史、渚カヲルは作画監督・田中将賀による描き下ろし。さらに、両方ともそれぞれのキャラクターを演じたキャストのサインとメッセージが入っている。

キャストサイン入りミニポスター「真希波・マリ・イラス トリアス」バージョン <サンプル画像>  (C)カラー

キャストサイン入りミニポスター「真希波・マリ・イラス トリアス」バージョン <サンプル画像> (C)カラー

キャストサイン入りミニポスター「渚カヲル」バージョン <サンプル画像>  (C)カラー

キャストサイン入りミニポスター「渚カヲル」バージョン <サンプル画像> (C)カラー

現在配布中の、公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』(A4)は、各劇場において残数がある場合、継続して配布
となる。キャストサイン入り『アヤナミレイ(仮称)/式波・アスカ・ラングレー』リバーシブルミニポスターの残数がある劇場においては、6月25日(金)までの配布となる。

公式は、「元来は別の時期での配布スケジュールを組んでおりましたが、コロナ禍の影響を受けて、全体の入場者プレゼントの配布スケジュールの変更を余儀なくされました。終映が迫っていることもあり、今回のプレゼントが配布できない可能性もありましたが、このラストランへの多大なる後押しを受け、各所調整をいたしまして、このような配布の形に至りました。どうかご理解いただけますと幸いです」と発表している。

観客動員数は611万人を突破

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、公開から6月20日(日)までの105日間累計で興行収入は93.2億円、観客動員数は611万人を突破している。