ニッポン放送は6月21日(月)25時から生放送される特別番組『シン・エヴァンゲリオンのオールナイトニッポン』に16人のキャスト・スタッフが出演することを発表した。
スタジオには、碇シンジ役の緒方恵美、綾波レイ/アヤナミレイ(仮称)役の林原めぐみ、式波・アスカ・ラングレー役の宮村優子、伊吹マヤ役の長沢美樹、リモートにて監督の鶴巻和哉と前田真宏が出演する。スタジオの進行はフリーアナウンサーの荘口彰久が務める。
また、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、沢城みゆき、山寺宏一といった出演者たちが『シン・エヴァンゲリオン劇場版』についてのメッセージを寄せることも決定した。
本番組は、1995年10月の放送開始から26年を経た『エヴァンゲリオン』シリーズについて語り尽くすラジオ特番となっており、オリジナルキャストや制作に関わった人まで実に16人の出演者たちが『エヴァンゲリオン』について語っていく。これだけのキャスト・スタッフたちがラジオの生放送で語るのは初めてであり、貴重な2時間となるはずだ。
放送は今夜25時からニッポン放送をキーステーションに全国36局ネットで生放送される。番組はラジオ、またはスマートフォン、パソコンからradikoを通じて聴くことができる。