長野県伊那市発、“ギャング・オブ・ポップ”を掲げる男女グローバルポップバンドFAITHが、8月28日(土)・29日(日) 伊那GRAMHOUSEでのライブをもって解散することを発表した。

2015年に別々の高校に通うメンバー5人で結成し活動してきたが、3月にドラム脱退の転機を迎えて以降、メンバー4人で新体制として活動を続けていくほどに「“FAITH”は5人でこそ“FAITH”だった」ということをそれぞれが痛感し、「5人で始めたFAITHをこのまま大切に残したい」という思いが強まったことで、最後の作品『Sweet Error』をもってバンド活
動終了を決めたと説明している。公式サイトには各メンバーからのメッセージが掲載されている。

解散前のライブ出演として、現在実施中の2nd Full Albumリリースツアーの追加公演を7月23日(金)松本ALECXにて開催。また決定しているイベントをはじめ、所縁のあるライブハウスにて8月までの間に対バンライブの実施を予定しているとのこと。詳細は後日発表される。ラストライブはバンド結成の地である伊那GRAMHOUSEにて2DAYSのワンマンライブとして行われる。

FAITHはAkari Dritschler(Vo) 、ヤジマレイ(Gt,Vo)、レイ キャスナー(Gt,Vo)、荒井藤子(Ba)からなる平均年齢21歳の男女4人組グローバルポップバンド。2015年、別々の高校に通うメンバーが長野県・伊那GRAMHOUSEに集まり結成された。2020年1月に1st Album 『Capture it』メジャーデビュー。全編英詞の新人としては異例となる全国71ものラジオ/TV局・番組でアルバム収録曲がパワープレイに選出され、ラジオオンエアチャート2020年上半期総合2位にランクインしている。