2021年10月〜12月、4年振りの新作となるタクフェス第9弾『天国』の上演が決定し、全キャストが公開された。名古屋、札幌、新潟、仙台、大阪、東京の計6都市にて上演される。

本作で主演を務める原嘉孝は、舞台『両国花錦闘士』(2020年/明治座 他)をはじめとする数々の舞台で活躍。今回がタクフェスシリーズ初参戦となる原は、宮城県石巻市の劇場で働く従業員・島村龍太郎を演じる。劇中で自身初の「東北弁」に挑戦することに対し、原は「東北地方の温かさ、人間の温かさを感じさせる方言という印象。その温かさが作品の印象に加わって、更に深みを増した物語を届けたい。今の世の中だからこそ、様々な苦しみを抱えている人はもちろん、何かを表現する立場にある人にも観てほしい。」と意気込んだ。
さらに、作・演出・出演の宅間孝行に加え、タクフェス第4弾『歌姫』(2016年)では初舞台にしてヒロインを務めたAKB48の入山杏奈、タクフェス第6弾『あいあい傘』(2018年)に出演し『テニスの王子様』をはじめ数々の作品で活躍する大薮丘、そしてモト冬樹、鈴木紗理奈ら実力派役者陣が再集結。タクフェス初参戦となるキャストには、お笑いコンビ・ハマカーンの浜谷健司、2014年公開実写映画版『魔女の宅急便』出演の広田亮平ら多才な出演者が名を連ねた。

原嘉孝

原嘉孝

入山杏奈

入山杏奈

浜谷健司(ハマカーン)

浜谷健司(ハマカーン)

大薮丘

大薮丘

広田亮平

広田亮平

モト冬樹

モト冬樹

鈴木紗理奈

鈴木紗理奈

宅間孝行

宅間孝行

本作の舞台は、宮城県石巻市にある“山田劇場”。ここに集う人々の何気ない日常。どれだけ世の中が変わっても、変わらない毎日を過ごしてきた彼らが直面した、2011年の東日本大震災。「あの日」から10年が経った今、そして、新型コロナウイルスによってエンタテインメントの在り方が大きく変わった2021年に、心に苦しみを抱えながらも日々懸命に生きる人々への「応援歌」のようなステージを上演する。
公演日程等の情報は後日発表され、詳細は公式HPにて随時公開となる。

主演:原嘉孝 コメント

タクフェス初参加が決まり、緊張感もありますが、すごく光栄です。
常連組のキャストの皆さんもいらっしゃるので、安心して身を委ねて、自分らしさを出せたらいいなと思います。
お芝居で地方の言葉を喋るのは初めてですが、セリフを全て方言に変換した音声で送っていただきました。それを聞いて、東北弁は東北地方の温かさ、人間の温かさを感じさせる方言という印象を受けました。その温かさが作品の印象に加わって、更に深みを増した物語を届けられたらと思います。
今回の『天国』は、今の世の中だからこそお客様に響く作品だと思うので、ファンの方はもちろん、様々な苦しみを心に抱えている人、何かを表現する立場にある人にも是非観にきてほしいです。

脚本・演出・出演:宅間孝行 コメント

原君の演じる島村龍太郎という役は、彼に実際に会う前に伺った話を元に、どんな人なのかを想像して書いた当て書きの役となっています。今回は彼がドラマを背負って、彼の持つ運の強さを発揮しつつ、物語の良いスパイスになってくれると思います。
4年に一度のペースで新作を書いていますが、ちょうど今、震災から10年が経ち、コロナ禍の真っ只中というタイミングと重なりました。エンタメ業界も苦しい2年間を経験しましたが、このエンタメに対する応援歌として、そして観に来てくださる方、 一緒に仕事をしている方々への応援や感謝の想いを、この作品を通して伝えられたらと思います。