2021年8月27日〜2021年9月2日ニッショーホール(旧ヤクルトホール)にて、朗読劇『ラストダンスは私に』〜岩谷時子生誕105年記念〜の上演が決定した。

岩谷時子の生誕105年を記念し、2019年に光文社より出版された『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』の著者である村岡恵理がこの本をもとに膨大な取材記録をさらに掘り下げ、芝居の脚本にした。今まで知られることのなかった岩谷の真実も表現。宝塚トップスター「越路吹雪」に人生を賭けた「日本の作詞家」「詩人」「翻訳家」としての生涯を、岩谷自身が手掛けたヒット曲の数々でオーケストラをバックに、歌と朗読で上演する。

演出は門田頼平が手掛け、主演の岩谷時子役には、元宝塚歌劇団・宙組トップスターの凰稀かなめが決定、越路吹雪役は、酒井法子、貴城けい、友近、真琴つばさが、越路吹雪の夫役は、井澤勇貴、岡幸二郎、横山だいすけが、それぞれ演じる。

凰稀かなめ

凰稀かなめ

酒井法子

酒井法子

貴城けい

貴城けい

友近

友近

真琴つばさ

真琴つばさ

井澤勇貴

井澤勇貴

岡幸二郎

岡幸二郎

横山だいすけ

横山だいすけ