ドレスコーズが、約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『バイエル』を引っ提げ全国6か所を巡ったライブツアー『《バイエル(変奏)》』が6月29日(火)に神奈川・ CLUB CITTA'にてファイナルを迎えた。

この日のライブでは、最新作『バイエル』より、1曲目に収録された「大疫病の年に」から9曲目収録の「ぼくをすきなきみ」まで順に披露。加えて、アルバム『オーディション』収録の楽曲「おわりに」と、毛皮のマリーズ時代の楽曲「人生Ⅱ」、「弦楽四重奏曲第9番ホ長調「東京」」など計12曲を披露。


『バイエル』はサブスク上で演奏が追加され随時音源がアップデートされていく“成長するアルバム”として配信リリースされていたが、本公演ではアップデートの内容ともアルバムの構成とも違う楽器とアレンジで披露された。

さらに、アンコールでは「星の王子さま(チェロのための)」、「ピーター・アイヴァース」の2曲を披露。歓声をあげられないオーディエンスの涙腺が緩むなかツアーの幕を下ろした。

なお、本公演の映像化が決まっている。

また、《バイエル(変奏)》のツアーメンバーで、7月3日(土)放送のNHK総合『シブヤノオト』に生出演することも明らかに。番組では、『バイエル』収録曲の「ピーター・アイヴァース」を生演奏する。本ツアーは一般公募で選ばれたメンバーで構成されており、全国6か所のツアーを経て一体感を増したパフォーマンスに注目してほしい。

ライブ写真撮影=森好弘