TVアニメーション『ゆるキャン△』シリーズは、厚生労働省とコラボレーションし、蚊・ダニ媒介感染症の予防・対策を呼びかけるポスターを2種類作成した。ポスターは厚生労働省ホームページにてダウンロードすることができる。

TVアニメーション『ゆるキャン△』シリーズは原作、アニメ、そしてキャンプファンの方など幅広い方から支持を得ていることから、今回のコラボレーションが実現したとのこと。

(c)あfろ・芳文社/野外活動委員会

(c)あfろ・芳文社/野外活動委員会

本コラボで公開するポスターデザインには、作品のメインキャラクター・各務原なでしこと志摩リン、そして斉藤恵那の愛犬・ちくわが登場。キャンプを題材にした本シリーズならではのシーンを用い、4コマ漫画風に蚊・ダニの予防方法を伝えたり、“ゆるくない”対策の重要性を呼びかけている。

気温が高くなる夏には肌の露出が増え、病原体を媒介する蚊やダニに刺されたり咬まれたりすることが予想される。野外キャンプ等に出かける場合にはどの地域においても注意が必要。特に、国内での発生報告数が多く死亡事例も報告されている「日本紅斑熱」や「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は、病原体を保有するマダニに咬まれることで感染することから注意が必要とのこと。

ファンには嬉しい『ゆるキャン△』シリーズとのコラボポスター。印刷したポスターの配布は行っていないとのことで、厚生労働省のウェブサイトからダウンロードして、蚊・ダニ媒介感染症の予防・対策を啓蒙するためにも、プリントアウトして貼っておきたい。