映画『嘘喰い』が2022年2月に公開されることが決定。あわせて、ティザービジュアルが解禁された。
2006年から2018年まで『ヤングジャンプ』(集英社)で連載された迫稔雄氏の漫画。「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘を主人公に、日本を裏社会から操る巨大会員制組織・倶楽部賭郎のもとで展開する、生死を賭けたギャンブルバトルを描いている。ギャンブラー同士の心理戦のみならず、賭けを見守る“立会人”と呼ばれる強者たちの格闘戦など、コンゲームと暴力的なアクションが同時進行するのが特徴の作品だ。49巻まで発売されたコミックスの発行部数は累計880万部を突破している。
初の実写化でメガホンをとるのは、ホラー映画『リング』のほか、近年は『スマホを落としただけなのに』や『事故物件 怖い間取り』などで知られる中田秀夫監督。『きみの瞳が問いかけている』などの横浜流星が班目貘役で主演する。
解禁されたティザービジュアルは、銃口を向けられた銀髪・白スーツ姿の班目貘=横浜流星が大きく映し出されたもの。「嘘つくと、死ぬよ」とのオリジナルのキャッチコピーも添えられている。
主演の横浜、原作の迫氏、中田監督のコメントは以下の通り。

 

横浜流星

斑目貘を演じます横浜流星です。

今回お話を頂いてから原作を読ませて頂いたのですが、一人一人の個性が強く、人間臭く、カッコ良くて魅力的だと思いましたし、何よりハイレベルすぎる頭脳戦、駆け引きにハラハラドキドキしました。

うまく表現できる言葉が見つからないのですが、あの世界観を創ることができる迫先生は天才です。

お会いして、漫画家をしながら格闘技も本格的にやられていて、とても穏やかで、内にとてつもないものを秘めている方だなと感じました。迫先生の生み出した大切な原作をリスペクトしつつ、更にパワーアップした作品を作れるよう、そして僕にとって初ジャンル、初挑戦な役ということで、髪を銀髪に染めました。

中田監督とはクランクイン前に何度もお会いして、作品についてこれでもかってくらい話し合うことで、お互いの方向性が確認出来ましたし、そこで信頼関係が出来たと思います。

1度もギャンブルをした事ない僕に、天才ギャンブラーの役を演じることが出来るのか不安でしたが、大事なのはそこだけじゃなく、貘は、飄々としていて絶対的な自信がある男。

華があり周りを巻き込み引き込む力があるとても魅力的な人間。何もかも僕とかけ離れていますが、まずは自信を持って、そこに隠れる狂気や野心をバランスよく、でもエモーショナルに出来たらと思い、貘として嘘喰いの世界を生きました。

原作でも大事なスリルのある心理戦が、細かく丁寧に描かれていますし、何より画がとてもカッコ良いです!!

ハラハラドキドキする嘘喰いの世界を皆さんにどっぷりと浸かって欲しいです。お楽しみに。

 

迫稔雄(原作)

私の初連載作品である『嘘喰い』の実写映画化で嬉しさと期待に満ち溢れております。

主演の横浜流星さんともお話させて頂きましたが真面目で明るい人柄に心を撃たれました、実際に銀髪にして斑目貘になりきる熱演ぶりも凄いです。

中田監督ならではのミステリアスな作風で嘘喰いの世界観が実写に写し込まれるわけですから最高ですね。

映画公開に合わせて嘘喰い特別連載を執筆中ですので皆様楽しみにお待ち下さい。

 

中田秀夫(監督)

『嘘喰い』の実写化にあたって、原作の迫稔雄先生からのメッセージでもあった、「主人公の貘が生きる「知略」と「暴力」の世界」を存分に描こうと決意しました。貘は、あたかも生き急いでいるかのように、命を張った危険な賭けをしますが、横浜流星くんとは「それでも貘はピンチを飄々と潜りぬけ」、「相手の嘘を(喰い)見破りながら、勝つときはこの上ないエグい勝ち方をする」そのカタルシスを大事にしましょうと話し合いました。横浜くんは、髪を実際に銀髪に染めてくださり(撮影期間中、何度も染め直すという地道な努力も!)クランクインしてすぐに私が思い描いていた、主人公貘の内面、特に彼独特の「死生観」をしっかりと捉えてくださったと思っています。自分の考えをしっかりと持って作品の準備に臨み、いざ撮影が始まるとこちらの用意した世界に全身で飛び込んできてくれて本当に楽しかったです。「嘘喰い」に登場する独特なる賭け(知略を巡らせた心理戦)と「暴力描写」を描くことも大事にしながら、スリル、恐怖、アクション満載の本作を皆さんにお届けする日を楽しみにしています。
『嘘喰い』は2022年2月全国ロードショー。