2021年7月12日(月)20時よりイープラス「Streaming+」にて、紀尾井町夜話特別編『紀尾井町家話』第四十二夜が配信されることが決定した。

本配信は、2020年6月13日に開幕した企画。コロナ禍における自粛生活が続く中、歌舞伎座ギャラリーで好評を博していた『紀尾井町夜話(きおいちょうやわ)』のステイホーム特別版として「“家”話」が始まった。

席亭 尾上松緑の幅広い交遊関係とオンライン飲み会ならではのぶっちゃけトークが話題となり、毎回多彩なゲストが登場。これまでに40回の配信を数え、配信元のイープラス「Streaming+」で最多回数を誇る人気企画となり、舞台上では見られない俳優たちの素顔が垣間見られる特別な空間と、真剣に歌舞伎に向き合う俳優たちの姿に視聴者の熱い支持を集めている。

そんな『紀尾井町家話』第四十二夜配信の次回予告が、7月7日(水)20時から配信された第四十一夜のラストで行われた。ゲストは、7月4日(日)に初日を迎えた歌舞伎座『七月大歌舞伎』第一部で共演中の市川猿之助、市川中車、そしてアシスタントに坂東亀蔵。

市川猿之助

市川猿之助

市川中車

市川中車

坂東亀蔵

坂東亀蔵

猿之助は、昨年12月の第二十二夜、今年2月の第二十八夜以来、今回が3度目の登場。松緑との放送コードギリギリぶっちゃけトークで大きな話題となり、再びの登場が実現した。5月には松緑の『土蜘』に猿之助が、今月は猿之助の『蜘蛛の絲宿直噺』に松緑が出演するなど、舞台上でも熱い競演をしている。

『あんまと泥棒』左より、あんま秀の市=市川中車、泥棒権太郎=尾上松緑 /(C)松竹

『あんまと泥棒』左より、あんま秀の市=市川中車、泥棒権太郎=尾上松緑 /(C)松竹

そして、中車が本配信に初登場が決定。上演中の『あんまと泥棒』では、松緑演じる泥棒を言葉巧みに丸め込むあんまの秀の市を熱演。舞台上ではコミカルで軽妙な対話劇で観客を魅了する松緑と中車の2人が、素顔ではどのようなトークを巻き起こすのか?! さらに、猿之助と中車のいとこ同士が顔を揃えての貴重なトークにも注目しよう。

『蜘蛛の絲宿直噺』左より、平井保昌=尾上松緑、傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精=市川猿之助 /(C)松竹

『蜘蛛の絲宿直噺』左より、平井保昌=尾上松緑、傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精=市川猿之助 /(C)松竹

『蜘蛛の絲宿直噺』左より、坂田金時=坂東亀蔵、平井保昌=尾上松緑、傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精=市川猿之助、源頼光=中村梅玉、渡辺綱=市川中車 /(C)松竹

『蜘蛛の絲宿直噺』左より、坂田金時=坂東亀蔵、平井保昌=尾上松緑、傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精=市川猿之助、源頼光=中村梅玉、渡辺綱=市川中車 /(C)松竹

歌舞伎俳優の熱い想いが繰り広げられる、『紀尾井町家話』第四十二夜を見逃さないでおこう。