2021年8月、Bunkamura シアターコクーンにて上演される『フォーティンブラス』のオールキャストが決定した。

主人公フォーティンブラス役を演じるA.B.C-Zの戸塚祥太、対立するハムレット役を演じる内 博貴に加え、新たに決定したキャストは、かつて乃木坂46メンバーとして活動し、近年は女優として読売演劇大賞作品賞を受賞した『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』や、『ポーの一族』などの好演が光る能條愛未、ハロー!プロジェクトを卒業後、映画『初恋』出演や舞台『フラガール - dance for smile -』ほかの活躍で、女優としての実績を着実に積み重ねている矢島舞美。

さらに劇団「ベッド&メイキングス」を主宰し、映画、テレビでも活躍する富岡晃一郎、舞台『刀剣乱舞』の小夜左文字役で注目され、劇団Patchメンバーとしても活躍する納谷健、本作作者の横内謙介作品には数多く出演する吉田美佳子、同じく横内主宰の扉座メンバーとして劇団をけん引する新原武、『髑髏城の七人』Season風、『飛竜伝2020』など数々の話題作に出演する実力派のベテラン俳優の吉田智則と、手堅いキャストたちが集結した。

なお、7月11日(日)、12日(月)にはオフィシャル先行販売も決定し、いよいよ本格始動となる。