2021年7月12日(月)、KAAT 神奈川芸術劇場<大スタジオ>にてKAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』が開幕した。本公演を手掛ける、振付・演出の北村明子コメントならびに舞台写真が到着した。

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT 神奈川芸術劇場が、2011年の開館時より開催している「KAAT キッズ・プログラム」。10年目となる2021年は「夏休み」をテーマした、新作ダンスだ。「夏休み」には死者を迎え入れるお盆の時期も含まれているということから、「精神の移動」「死生観」「自然の一部としての身体の躍動」などをキーワードに、子どもたちが言語ではなく身体を通じて、生死や自然について新たな発見・体験ができる作品づくりを目指すという。

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』(撮影:大洞博靖)

KAAT キッズ・プログラム 2021『ククノチ テクテク マナツノ ボウケン』上演時間は約70分。KAAT 神奈川芸術劇場<大スタジオ>にて7月19日(月)まで上演される。

北村明子(振付・演出)

私にとっては初めてのキッズプログラムへの挑戦。今日までのクリエーションは、自分の中にあるキッズスピリットを手繰りながら、毎日、大小島さんの美術と横山さんの音楽という地図を片手に、ダンサーの身体とともにイマジネーションの冒険をしているような感覚でした。懐かしいというよりは、今現在の自分が新しいものの楽しみ方を、いつもとは異なる回路で発見していくような感覚でした。今回は、ご来場いただく皆さんと一緒に踊る時間も私にとっては最大の楽しみとなっています。ダンスは日常でもあり冒険でもあることを、(ご参加いただく皆様にも)体感していただけたらと思います!ぜひ私たちと一緒に踊りに来てください!