2021年10〜11月、東京・シアタークリエにて(その他全国ツアーあり)上演される、『Home, I’m Darling〜愛しのマイホーム〜』のメインビジュアルが解禁された。

本作は、2019年度のローレンス・オリヴィエ賞で5部門にノミネートされ、ベスト・ニュー・コメディ賞を受賞したロンドン発の新作ストレートプレイ。

現代のロンドン近郊を舞台に、大好きな1950年代のライフスタイルを追求する専業主婦ジュディとそんなジュディを心から愛する夫ジョニーのユニークな夫婦を中心に、ジュディとは正反対の価値観をもつ母シルヴィア、ジョニーの年下のクールな上司アレックス、ジュディ&ジョニーと同じく50年代フリークの共働き夫婦のフラン&マーカスが登場する6人芝居。

1950年代風に彩られた舞台セット、衣裳、音楽、ダンスとカラフルに仕立てた良質な舞台は、イギリス・ウェストエンドで絶賛された。日本初演となる出演者は鈴木京香、高橋克実、江口のりこ、青木さやか、袴田吉彦、銀粉蝶というキャスト。そして、演出は白井晃が務める。

今回、解禁となったのは、鈴木演じるジュディのエプロン姿がキュートなビジュアル。そのほか、出演者の扮装姿も本作の魅力を感じさせるものとなっており、どんな公演になるのか期待が高まるばかりだ。

【Story】
舞台は現代のロンドン近郊。専業主婦のジュディ(鈴木京香)と夫のジョニー(高橋克実)は、自分たちが愛する1950 年代のインテリアやファッションに囲まれた生活を満喫している。同じく50年代のライフスタイルを愛好するフラン(青木さやか)とマーカス(袴田吉彦)の夫婦とは仲良し。共働きのフランは家事をしない夫に不満だ。
ジュディの母親シルヴィア(銀粉蝶)からすれば、女性が生きにくかった時代を愛し、仕事もしない娘を理解できない。ジュディは3年前に職を失って以来、心機一転、愛する夫のため50年代の完璧な主婦になることを決意。その生活を維持するために、実は出費がかさみ、家計は火の車であることをジョニーはまったく知らない。
ジュディは夫の新しい上司に着任したアレックス(江口のりこ)を自宅に招き、得意の50年代風のもてなしで、ジョニーの昇進の手助けをしようとする。しかしパリッとスーツを着こなす若いアレックスと、レトロファッション全開のジュディの話は全くかみ合わない。接待は実らず、ジョニーの昇進は若い社員に奪われてしまう。やがて思わぬ出来事がきっかけで、夫婦間の積もり積もった隠し事や、心に秘めていたことがあらわになり、幸せな家庭は崩壊の危機に直面する――。
この試練をジュディとジョニーは乗り越えられるのか……。