映像や空間演出を通じて、右脳が悦ぶ非日常体験を生み出し続けるクリエイティブ集団、NAKED(以下、ネイキッド)。その最新のアート展『NAKED URANAI』が、2021年7月17日(土)から8月27日(金)まで、東京・渋谷 ヒカリエホールにて開催される。

『NAKED URANAI』は、占い師のいない “AI占いアート展” だという。 “AI占いアート展” とは何ぞや……? 占い師がいないのに占いなの? そもそもAIで占うとは? 占いアートとは? 混乱するけど、とにかくなんだか楽しそう……!

というわけで、たくさんの「?」と期待を胸に参加したメディア内覧会の様子を、この記事ではお届けする。

なお本展はチケットを購入後、事前に『NAKED URANAI』公式サイトにて自分のデータ(生年月日など)を登録して参加するシステムになっている。会場では自身のスマートフォンを使って体験を進めていくので、充電残量にはご注意を! 

身も心もととのえて、自分を見つける旅へ

「NAKEDつくばい」

「NAKEDつくばい」

エントランスで出迎えてくれるのは「NAKEDつくばい」。つくばいとは、茶室に入る前に手を清めるための手水鉢のことだ。本展は感染症対策を逆手に取り、入場前にアルコールで手指を消毒する行動すらもアート体験に昇華させている。

両手をかざすと、手のひらの上に集まってくるキラキラの星座エネルギー! 手指の消毒と同時に、12星座のエンブレムがランダムで映し出されるようになっている。正直、魔法使いになったような気分でテンションが上がる。自宅にも欲しい。

「NAKEDつくばい」消毒液を噴射された後、手のひらがマジカル!

「NAKEDつくばい」消毒液を噴射された後、手のひらがマジカル!

展覧会の冒頭では、まずネイキッド代表の村松亮太郎氏によるデジタルアート作品を鑑賞しよう。椅子に腰掛け、水中をゆらゆらと漂うクラゲの姿をぼーっと目で追っていくうち、忙しない日常から切り離されて肩の力が抜けるのを感じられるはず。

「KALEIDO JELLYFISH by Ryotaro Muramatsu」

「KALEIDO JELLYFISH by Ryotaro Muramatsu」

クラゲの合間にしばしば挿入されてくるのは、自分を見つめ直すのに役立つ、古今東西の文学者やアーティストらのひと言だ。アートでニュートラルになった心に、前向きな言葉たちがトスンと刺さる。この言葉のチョイスも村松氏によるそう。

「傷とは光があなたの中に入りこんでくる場所である」by ジャラール・ウッディーン・ルーミー……深い!

「傷とは光があなたの中に入りこんでくる場所である」by ジャラール・ウッディーン・ルーミー……深い!

また、本展では各エリアに合わせて、没入感を高めてくれるオリジナルのアロマが用意されているのもチェックしてみてほしい。マスク越しでもわかる香りの変化が、さらに心の体験を豊かなものにしてくれるだろう。

さあ……心のリセットが完了したら、占いの世界へ飛び込む準備は万端。ジャングル風の小道を通り抜けて、先へと進もう。

「CLEAN JUNGLE」

「CLEAN JUNGLE」

この小道は「NAKEDつくばい」と同じく感染防止策をアート体験にすり替えるというもので、その名も「CLEAN JUNGLE」。グリーンではなく、クリーンなジャングルなのだ。なぜジャングルかというと、密林の奥地にいるシャーマンにご託宣をいただきに行く、というイメージなのだとか。

抗菌効果の期待できるアロマを浴びて、いよいよ占星術のエリアへ。言われてみれば、ちょっとサッパリしたような気がする! 祓ったりみそいだり濯いだりする行為は、こうやってオカルトと実際の衛生的な作用の間に生まれていったんだろうなぁ、としみじみ納得するのだった。

ロマンかがやく占星術

密林を抜けると、そこは宇宙でした。このブースでは、視界いっぱいに広がる3分ほどのプロジェクションマッピングを鑑賞することで、星と自分とのつながりに想いを馳せることができる。

「HOROSCOPE」

「HOROSCOPE」

自分の星座の前に立って映像の世界へ。目くるめく星たちに飲み込まれる体験はとてもロマンチックなので、ぜひ現地で味わってみてほしい。なお、後ほど公式サイトのマイページに、事前登録したデータに基づいた星占いの鑑定結果が届く。占いの監修は、雑誌やSNSで人気の占い師・真木あかり氏だ。

タロットカードに未来を尋ねて

「TAROT」

「TAROT」

本展中でいちばん占い要素が強いと思うのは、続いてのタロットのコーナーだ。長テーブルに並ぶキャンドル風の灯り。魔術師や錬金術師のアトリエに招かれたかのような、妖しい空間に心が躍る。

「TAROT」

「TAROT」

こちらは1枚のカードを選ぶ「ONE ORACLE」。3つの問いかけ「今、あなたが求めているもの」「隠れた欲望」「3ヶ月以内に出会うキーマン」のうちどれかをランダムで占うことができる。

光に手をかざすと、細やかなプロジェクションマッピングの演出で、タロットカードに不思議な力が宿っているように見える。人間の占い師はこの場にいないけれど、カードを選ぶ→それが意味するメッセージを聞く……と考えると、やっていることは一緒なのか! とハタと気付いた。筆者のような小心者はこのほうが静かに自分の奥底を見つめてカードを引くことができるので、むしろありがたい。

「TAROT」

「TAROT」

続いては、3枚のカードで過去・現在・未来を占う「THREE ORACLES」のブース。「恋愛運」「健康運」「仕事運」をそれぞれ占えるようになっている。自分のスマートフォンを使ってQRコードを読み込ませることで、占い結果は公式サイトのマイページに保存される。後から自宅でじっくり噛みしめることも可能だ。

画面に手は直接触れずに、かざすだけでOK。新しい生活基準を意識した設えがうれしい

画面に手は直接触れずに、かざすだけでOK。新しい生活基準を意識した設えがうれしい

人工知能が夢占い師に

続いてのエリアで体験者を待つのは「DREAMIN’ LUCY」。ここでは、人工知能のLUCY(ルーシー)が占い師となり、体験者の見た夢を夢診断してくれるのだ。

「DREAMIN' LUCY」

「DREAMIN' LUCY」

中央のお目々が、AIのLUCYだ。各ブースに腰掛け、スクリーンとスピーカーを兼ねたドームにそっと頭を入れてみよう。後はスマートフォンでQRコードをかざせば、LUCYとのコネクトが開始する。

ドームのシルエットは冒頭のクラゲとリンクするよう

ドームのシルエットは冒頭のクラゲとリンクするよう

スマートフォンで自分の見た夢について入力し、LUCYからの質問に答えていく(まだ学習できていない言葉もあるようなので、あまり難しい内容は入力しないほうがスムーズに楽しめるのではないかと思う)。LUCYが深層心理を分析した結果がスマホの画面に表示され、ドームの内側には心の状態に合わせたデジタルアートが投影される仕組みだ。

みんなでヌメろう!

会場風景

会場風景

いよいよ展示もクライマックス。この先は、生年月日を使った数秘術(NUMEROLOGY、ヌメロロジー)&セラピーのエリアだ。まずはリーダーにスマートフォンのQRコードをかざして、自分のパーソナルナンバーを知ろう。それをもとに、各ナンバーに対応する色とフラワーエッセンスを浴びて、自分の内部にある資質をより強化することを目指す。

「NUMEROLOGY」

「NUMEROLOGY」

壁に映し出される、数秘術から導き出されたパーソナルナンバー。数字に対応したギリシャ神話の守護神が現れて、短いメッセージを語りかけてくれる。

「FLOWER ESSENCE」

「FLOWER ESSENCE」

さらに、パーソナルナンバーにはそれぞれ異なるフラワーエッセンスが割り当てられており、隣のブースで実際に手のひらに受けることができる。エッセンスが調合される様子がプロジェクションマッピングで描かれるのが美しく、つい何度もやりたくなってしまう。

フラワーエッセンスは無色無香の液体で、花のエネルギーを水に写し取ったものだそう。ちなみにこちらは「ヴァーべイン」だ

フラワーエッセンスは無色無香の液体で、花のエネルギーを水に写し取ったものだそう。ちなみにこちらは「ヴァーべイン」だ

そして隣接した「COLOR THERAPY」のブースでQRコードをかざすと、パーソナルナンバーごとに明かりが変化し、ラッキーカラーの光が全身に降り注ぐ。光の滝行だと思って、ポジティブなエネルギーをチャージしよう。内部には自撮り用にベストな立ち位置がマークされていて、とっても親切だ。

「COLOR THERAPY」

「COLOR THERAPY」

不思議なもので、自分のナンバーはなんだろう? 何色だろう? そう考えるとどうしてもはしゃいでしまう。写真映えするポイントも多いので、一緒にいる人と結果を見せ合ったり写真を撮ったりして、楽しく過ごせそうなエリアだ。

今こそ新しい占い体験を

新しい自分と出会うべく、出口にセットされた鏡。照明もあって、いつもよりなんとなく瞳がキラキラしている……かも

新しい自分と出会うべく、出口にセットされた鏡。照明もあって、いつもよりなんとなく瞳がキラキラしている……かも

原案・総合演出を務める村松氏は、占いのことを「古くから受け継がれてきたデータベース」とも表現している。人がより良く生きようとする上で、ずっとずっと昔から心のよりどころとして存在してきた “占い”。本展ではそこに現代のAI(人工知能)とデジタルアートを融合させることで、自分自身を知るクリエイティブな新体験が誕生している。時代の流れに不安や迷いを感じていればいるほど、きっとその意義は大きく感じられるだろう。

会場の外には占いの歴史を紐解く解説パネルも用意されている

会場の外には占いの歴史を紐解く解説パネルも用意されている

ネイキッドの“AI占いアート展” 『NAKED URANAI』は、2021年7月17日(土)から8月27日(金)まで、東京・渋谷 ヒカリエホールにて開催される。領域にとらわれない華やかな自分探しを、ぜひ体験してみては。

「NAKED花みくじ」

「NAKED花みくじ」

ちなみに……グッズ販売コーナーでは「NAKED花みくじ」(会場販売価格:税込600円)を体験することもできる。花は色や形が微妙に異なり、約15種類あるのだそう。ピンときた一輪を選んで、明日を生きる道しるべにするのも一興だ!

文=小杉美香 撮影=大橋祐希