ラッパ屋 第46回公演『コメンテーターズ』(脚本・演出:鈴木聡、音楽・演奏:佐山こうた)が、2021年7月18日(日)、東京・紀伊國屋ホールで開幕した。

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

ラッパ屋は鈴木聡が主宰・脚本・演出を務める劇団。多くの喜劇を生み出し、演劇ビギナーからマニアまで、さまざまな演劇ファンから支持されている。最新作となる本作では、突然、テレビのワイドショーのコメンテーターに抜擢された平凡な男とそれを取り巻く市井の人々の物語を描く。もともと昨年(2020年)4月に上演を予定していたが、コロナ禍により延期となっていた。

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

劇団より届いた鈴木聡の開幕オフィシャルコメントは次のとおり。

ワイドショーの話なのでコロナやオリンピックの話題も。コメンテーターに抜擢されたオヤジの星・横ちゃんが、混乱する世界で、俺はどう生きるか、を必死で考えます。劇場で皆さんと「いま」を共有したいです。

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

ラッパ屋『コメンテーターズ』舞台写真(撮影:木村洋一)

この作品は、2021年7月25日(日)まで上演され、千秋楽の7月25日(日)13時と17時には、イープラスの Streaming+でオンラインLIVE配信もおこなわれる(見逃しアーカイブ配信もあり)。