浅沼晋太郎・駒田 航・神尾晋一郎が、ヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”の魅力を深堀りした、ABEMAオリジナルレギュラー番組『ヒプノシスマイク Division Study Guide #3』(2021年7月15日放送)のレポートが到着した。

楽曲で使用された単語の登場回数、メンバー別第1位は!?

「始まりましたよ〜!!」とハイテンションな浅沼の掛け声からスタートした本放送。本番組では、授業形式でヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”を学ぶことに。

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

まずは1限目として、各メンバーのプロフィールを深堀りする「ディビジョンプロフィールスタディ」を実施。“MAD TRIGGER CREW”はクールで寡黙なイメージのチームということで、クールな雰囲気で進行するかと思いきや、授業形式というコンセプトに乗っかり、先生役の浅沼と生徒役の駒田、神尾による寸劇が始まったり、浅沼がいきなり「先生ボケます!」と宣言したりと、ボケたがりな3人で軽快なトークを繰り広げていく。

プロフィールの穴埋め問題で、「(左馬刻は)ケータリング係?」「(銃兎は)警官だが地元のノリに馴染んでる!」「(理鶯は)普段はTシャツ短パンで涼しそう」とボケを連発しながらも、リーダー・碧棺左馬刻の「ヤクザで組の若頭」「好戦的だか弱いものには手を出さない」、入間銃兎の「目的のためなら違法操作も厭わない悪徳警官」「違法薬物を憎んでいる」、毒島 メイソン 理鶯の「元海軍一等軍曹」「よくゲテモノ料理を振る舞う」など、個性的なプロフィールを紹介した。

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

また、スキルを向上させたものだけに表れる特殊能力「ヒプノシスアビリティ」についての話題では、左馬刻が受けた攻撃を蓄積し爆発させる「Counter Blow」、銃兎が相手の身動きを封じる「Prison」、理鶯が自身や仲間の防御力を上げる「Shelter」という能力であることが紹介され、銃兎や理鶯が相手の動きや攻撃を抑えつつ左馬刻が一撃を入れるというバトルスタイルに、浅沼は「バランスがとれたパーティですね」「ロールプレイングゲームならパーティにしたい!」と話し、3人のチームワークの良さをアピールした。

続いて2限目として、番組独自の視点で楽曲やディビジョンに関するデータを徹底調査する「ディビジョンデータチェック」を実施。「ヨコハマ・ディビジョンの全楽曲に出てくる言葉をメンバー別に数えてみた」という壮大な調査の結果が発表された。この調査では、ディビジョン曲とソロ曲を合わせた計11曲が調査対象となり、その楽曲で使われている単語の使用回数をメンバーごとに計測。

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

各メンバーのベスト5がランキング形式で発表され、銃兎は「悪」「危険」「弾」など、悪徳警官らしい物騒な言葉が多く使われていたことや、理鶯がメンバーの中で一番“MAD TRIGGER CREW”というチーム名を多く言っていること、左馬刻は「場所」「街」とテリトリーを表す言葉が多いことなど、さまざまな事実が発覚。そして残すは1位の発表に。結果、3人一致で「ヨコハマ(ハマ、横浜も含む)」が1位となり、浅沼、駒田、神尾も納得の表情で大きく頷いた。

また1位以外にも、チーム名である“MAD TRIGGER CREW”や「街」など、共通したワードがランクインしていることが発覚。ソロ曲もありながらのこの結果に、神尾は「ソロでも一緒の方向を向いて歌ってるんだなと思いましたね」とコメント。駒田も「これがハマのチーム感ですかね」とドヤ顔で放ち、ヤクザ・警官・元軍人と一見、異色な3人ながらも結束したチームであることを再認識した。

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

3限目として行われた、キャラクターの性格や特性をキャスト独自の解釈で数値化する「キャラクターパラメーターを作ろう!」では、パラメーターに入れる性格や特性についての項目を、ガチャガチャで引いていくなか、浅沼と神尾は「タバコ」「天然」「サバイバル」など左馬刻、理鶯に合った項目を次々と引き、MAX値を飛び越えた規格外なパラメーターを作成。一方の駒田は「ゲテモノ」「妹想い」と銃兎の特徴から外れた項目ばかりを引き、細長いパラメーターを作るという展開に。

さらに、番組の最後にはホームルームとして「ご褒美!キャラクターASMRボイス」を実施し、3人がキャラクターボイスでダミーヘッドマイクに囁いた。理鶯の低音でセクシーなボイスや、銃兎の優しさ溢れるボイス、左馬刻の「お前のこと少しは認めてやってもいいぜ」という俺様なセリフと“耳福”なご褒美に、視聴者からは「色気が…最高」「ボケとのギャップ!」「明日も頑張れます!」と大興奮の声が寄せられた。

『ヒプノシスマイク Division Study Guide #3』は、7月22日(木・祝)まで無料で見逃し配信中。また、匿名で質問に回答していく『ディビジョン・トータライザー・スタディ』もABEMAプレミアム限定で配信中。

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

(C) King Record Co., Ltd. All rights reserved.(C)AbemaTV,Inc.

本番組では、2021年8月7日(土)と8日(日)に開催される、全6ディビジョン18名のキャストが出演するライブ『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 7th LIVE《SUMMIT OF DIVISIONS》』に向けた、『ヒプノシスマイク』完全攻略ガイドとして、キャラクターを演じる声優が自ら、各ディビジョンのメンバーや関係性などを徹底解説していく。