2021年9月15日(水)〜20日(月・祝)赤坂 RED/THEATREにて、One on Oneオリジナルミュージカル『back-to-back』の上演が決定し、メインビジュアルが解禁となった。

浅井さやか主宰のOne on Oneは、2001年秋に旗揚げ。「誰もが感じたある想いを、音楽にのせて届けたい」というテーマのもと、コメディタッチで芝居中心の作品から、全篇の80%が音楽で構成される音楽劇、ショートミュージカルライブなど、幅広い作品を上演してきた。作、演出、音楽、すべてを浅井が担い、所属俳優を持たないプロデューススタイルで展開し、今年20周年を迎える。浅井は、ミュージカルクリエイターとして、舞台『魔法使いの約束』脚本、「最遊記歌劇伝」シリーズ音楽、ミュージカル「しゃばけ」演出・音楽、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズの一部作詞、演劇調異譚「xxxHOLiC」作詞など、さまざまなポジションにおいて、外部での活動を広げている。

今回上演される『back-to-back』は、今年4月に上演した「無題-1[MONO]-」に続き、20周年記念公演第二弾として浅井が書き下ろす、新作オリジナルミュージカル。完全な新作の上演は約5年ぶりとなる。出演は、『5 Guys Shakespeare Act1[HAMLET]』やミュージカル『ALTAR BOYZ』など、幅広い演技と歌唱力で観客を魅了する法月康平、ブロードウェイミュージカル『ピピン』やミュージカル『ローマの休日』など、グランドミュージカルで圧倒的な存在感を示す岡田亮輔、舞台『魔法使いの約束』での好演で鮮烈な印象を与えた新正俊、そしてアニメ、ゲームなどでの声優としても名高く、舞台でもその独特な雰囲気と説得力で、唯一無二の存在である藤原祐規など、7名。法月康平、藤原祐規よりコメントが到着した。

法月康平

One on One20周年おめでとうございます。更に5年ぶりの新作ミュージカルということで、その舞台で主演を務めさせてもらえる喜び、本当に感謝しています。Oneの魅力はなんといってもあの耳に残ったら離れないメロディー達。そしてワクワクもドキドキもさせてくれるストーリー。温かい気持ちにさせてくれる浅井さんの演劇が大好きです。2年ぶりの出演なので、ここまで培ったものを存分に発揮して、自分の仕事をしっかりと果たします。劇場でお待ちしています。

藤原祐規

One on One20周年おめでとうございます!そんな節目の公演に出演させていただく事になりとても光栄です。
しかも完全新作のミュージカルは5年ぶりなんだとか。光栄です。
今回ミュージカルの精鋭に混じって舞台に立ちます。きっと一筋縄ではいかない舞台になると思います。挑戦。でも、そんな事を感じられる舞台に出られるんだって事。光栄なんです。
でも、光栄です、だけで終わらないように。舞台上で自分に、まわりに、何よりお客さんに何か残せるように。
今回1番年上、かな?でも挑戦者の気持ちで!よろしくお願いします!