2021年8月28日(土)から9月12日(日)まで東京・世田谷パブリックシアターにて、その後兵庫・大阪にて上演する『検察側の証人』のメインビジュアルが解禁された。

メインビジュアルには、本作が初の舞台出演となり、婦人殺しの容疑をかけられ法廷に立つ青年・レナード役を演じるジャニーズWESTの小瀧望、その妻・ローマイン役の瀬奈じゅん、検事・マイアーズ役を演じる成河の姿が収められている。

アガサ・クリスティによる不朽の名作、法廷ミステリーの決定版が、小川絵梨子の翻訳・演出で新たによみがえる本作。出演は他に大滝 寛、浅野雅博、寺西拓人、斉藤直樹、林 愛夏、西川大貴、阿岐之将一、さらに、那須佐代子、梶原善と、名作に相応しい俳優陣が集結した。

■あらすじ
物語は、容姿端麗な青年レナード(小瀧 望)が資産家で独り身の婦人を撲殺した殺人容疑で起訴されるところから始まります。彼は全くの無罪を主張しているものの、状況証拠は不利なものばかり。
――被害者とレナードは、道で困っているところを彼に助けられて以来交流があり、事件当日も被害者宅を訪ねていたこと、事件当時、彼は無職で金に困っていたこと、そして、彼には確実なアリバイが無いこと――。
レナードはあえなく逮捕され、敏腕検事のマイアーズ(成河)が事件を担当することに。彼を裁く法廷が開かれ、法廷弁護人と検事の答弁が白熱の応酬となる中、唯一のアリバイを妻ローマイン(瀬奈じゅん)が証言する、はずだった。しかし、法廷に立った彼女から口を突いて出た言葉は、彼から『婦人を殺した』と告白された、という検察側の証人、としてのものだった……。