11月6日(土)&7日(日)に静岡県掛川市「つま恋リゾート彩の郷」で開催される野外音楽フェスティバル『FESTIVAL de FRUE 2021』の、第2弾出演アーティストが発表された。

ギター、フィドル、バンジョーなどマルチな弦楽器奏者兼ボーカリスト/シンガーソングライター「サム・アミドン」(8年ぶりの来日)、新感覚のダンスミュージック「アマピアーノ」を携え南アフリカから弱冠21歳の新鋭「テノ・アフリカ」(初来日)、ジム・オルーク、山本達久、石橋英子のバンド「カフカ鼾」、やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHI、大澤悠大によるアンビエント・ユニット「アンノウン・ミー」の4組となっている。

これで、発表済みの「ファビアーノ・ド・ナシメント」「サム・ゲンデル」に加え、計6組の出演が決定。残すは15組程度で、8月、9月と続けて発表していく。

『FESTIVAL de FRUE』は、“魂の震える音楽体験” というコンセプトの下、2012年3月よりスタート。 ジャズ、ロック、ワールド、テクノ、電子音楽など、様々な音楽のジャンルの中から、強く、深い、そして濃い精神性を携えているミュージシャンを、世界各国から日本に招聘している。
『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子

『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子

『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子

『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子

『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子

『FESTIVAL de FRUE』過去開催の様子