東京・お台場にある『森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス』(以下、 チームラボボーダレス)が、東京都心部に移転されることが発表された。開館は2023年を予定。なお、お台場の『チームラボボーダレス』は2022年8月31日をもって閉館となる。

『チームラボボーダレス』は、境界のないアート群による「地図のないミュージアム」として、2018年6月に東京・お台場にオープン。初年度の年間来館者数は、ゴッホ美術館(オランダ)を超えて、単独のアーティストのミュージアムとして世界最多規模となる約230万人を記録し、世界各地から多くの人が訪れている。2019年の来館者数においては、単一アート・グループとして、世界で最も来館者が多い美術館として世界記録に認定された。

ほかにも、米国のニュース雑誌・TIME誌の「世界で最も素晴らしい場所 2019年度版(World's Greatest Places 2019)」や第25回ティア・アワード(Thea Awards)にて、「優秀功績賞(Thea Awards for Outstanding Achievement)」を受賞するなど、国内外において賞を多数受賞している。

チームラボボーダレス ダイジェスト映像

東京・お台場の『チームラボボーダレス』は、2022年8月31日に閉館。2023年に都心部にて開館予定。