ニューヨークを拠点として活動を続けてきたタップダンサー、熊谷和徳が今秋、横浜赤レンガ倉庫1号館 3階 ホールにて『表現者たちーLiberation』を開催する。

熊谷は、06年に米ダンスマガジン誌より『世界で観るべきダンサー25人』に選出、16年にはNYにてBessie Awardを受賞。また19年版 ニューズウィーク誌が発表した『世界が尊敬する日本人100人』に選出された。
その活動はダンスの分野に限らず音楽シーンにおいて上原ひろみ、日野皓正、Omar Sosa等と革命的セッションを提示。独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。
2020年には、コロナ禍でのロックダウン、隔離された生活を経験し、表現できる場所を求めて日本へ帰国、11月にはソロステージ『In Spire』を開催。踊ることが当たり前ではない日常を経て、改めてタップダンスと向き合ったステージはこれまで以上に研ぎ澄まされ、好評を博した。
ゲストを招いてのステージとなる今回の『表現者たちーLiberation』ではどんなコラボレーションが披露されるのか、期待が高まる。

熊谷和徳コメント

今しかない
今だからこそ
鳴らしたい音がある 奏でたいリズムがある
もっと自由に もっと自分らしく
Liberation

こころをひらいて
足を踏み鳴らす