NightOwl ワンマンライブ『fix you』
2021.07.15 TSUTAYA O-WEST

NightOwlが7月15日(木)TSUTAYA O-WESTにて、ワンマンライブ『fix you』を行った。2019年8月より、折原伊桜、百城凛音、雨夜憧の3人で活動をしていたNightOwlに、今年1月に新メンバーの長谷川嘉那、望月さくらが加入。現在は5人組の新体制で活動する彼女らだが、東京でのワンマンは新メンバーお披露目ライブ以来、約半年ぶり。仄暗い照明の下、SE「Night Cruising」に乗せて、一人ずつステージに登場したメンバー。5人が揃った時の息の合ったダンスは現体制での連帯感と半年の成果を早くも感じさせてくれ、ライブへの期待が高まる。

NightOwl

NightOwl

1曲目「Shining Ray」のキラキラした曲調に乗せた、アグレッシブなパフォーマンスで会場を明るく照らした5人。「今日はみなさんと楽しい時間を作りたいと思います!」と折原が笑顔で告げ、始まった曲は新曲「夜明け前」。5人で歌を繋ぎ、ステージを広く使った華やかなパフォーマンスで魅了した彼女ら。<光の射す方へ>と指差す振り付けは、NightOwlの明るい未来を指し示しているよう。「歌えなくても踊ることは出来る」と煽って始まった「Be the one」ではファンが振り付けを合わせ、一体感の生まれた会場に熱気が上がる。曲中にメンバー同士で笑顔を交わしたり、GoProを持ちおどけて撮影したりと、とにかく楽しそうな5人の姿も可愛らしく、見ているだけで楽しくなる。

NightOwl

NightOwl

NightOwl

NightOwl

MCでは、「(この状況下で)無事に開催出来たことが本当にありがたいです」と折原が開催の喜びを語り、新メンバーの望月と長谷川を改めて紹介。「せっかくの機会だから」とマイクを渡すと、「私は今まで自分に自身が無くて、情けない自分を知られるのが怖いという気持ちを持ったままステージに立ってました」と、長谷川が正直な気持ちを語り始める。「でもNightOwlに加入して、こんなに真っ直ぐに応援してくれるみなさんがいるなら、ありのままの自分を見てもらいたいと思えるようになりました。これからも応援お願いします!」とファンに感謝の気持ちを伝えると、「私がいま一番気持ちを込めて歌える曲です!」と曲紹介して、「incubate」が始まる。目に涙をためながら、たっぷり気持ちを込めた歌とダンスを見せる長谷川、共に想いを届けるメンバー4人。その想いに応えるファンの手拍子を受けて、5人の歌とダンスはさらに熱を増していく。

折原伊桜

折原伊桜

長谷川嘉那

長谷川嘉那

望月さくら

望月さくら

「一人になって、誰にも頼れない時。お守りとして持っていて欲しい曲です」と雨夜が曲紹介をして、観客と手を差し伸べ合って一心同体になった「Dear,Night」。「最後まですれ違って終わるこの曲をどうやって表現しようか悩んだけど。すれ違いがあるからこそ、幸せが当たり前じゃないと考えるようになりました」と百城が曲紹介をして、感傷的な歌とダンスで楽曲世界を丁寧に描いた新曲「16進数の海辺」と続き、様々な表情が見える楽曲とMCで、ワンマンならではのライブの物語性を作り上げた中盤戦。個々のスキルが上がることでグループとしての強靭さを増し、振り幅ある楽曲たちをしっかり表現している彼女らに、最新型のNightOwlが見えた。

雨夜憧

雨夜憧

百城凛音

百城凛音

続くMCで、「みんなに寄り添うってどういうことかな?と考えた時、人に寄り添うにはただ温かいとか優しいだけじゃなくて、支えるための強さが必要と気付いた」と、ライブタイトルの『fix you』について語った折原。「みんなに恩を返すためにも、自分自身の夢を叶えるためにも、強さを手に入れていこうと心に決めました」と決意表明をすると、「私たちなりの強さを表した曲を3曲歌って、『fix you』の答えにしようと思います」と強い意思と覚悟を感じるたくましい歌声で「All Night Long」を披露。さらに美しいフォーメーションで5人が華麗に舞った「Daybreak」、ダイナミックなダンスで魅せた「Feel Alive」とライブ映えする曲が続き、みんなに寄り添うために必要な“強さ”をステージで証明した。

NightOwl

NightOwl

折原伊桜

折原伊桜

百城凛音

百城凛音

熱い曲が続いて熱気が充満する中、5人で声を合わせてタイトルコールして始まった5人体制初の楽曲「夜想歌」。止まらない勢いを表す性急なビートとポップで幻想的な曲調が、いまのNightOwlにぴったりのこの曲。<回る回る 心揺らいでいる胸の内は>と声を重ねるキャッチーなサビメロに、ミラーボールの光が星空のように瞬く。「夜想歌」を歌い終えた5人はステージを去り、ワンマンは大団円で終演……かと思いきや、スクリーンに映ったのはメンバー出演によるミニドラマ。奇妙な格好で渋谷の街を駆け回る折原、部屋でくつろぐ4人。慌てた様子で部屋に飛び込んできた折原がテーブルに叩きつけたチラシに書かれていたのは、NEW EP「Answer」リリースとツアーの告知だった。

雨夜憧

雨夜憧

長谷川嘉那

長谷川嘉那

望月さくら

望月さくら

観客の拍手に迎えられ、再びステージに登場した5人。「NEW EPの発売とリリースツアーが決定しました〜!」と喜びを伝えると、「EPの曲であと1曲、やってないんじゃないですか?」と笑顔を見せる折原。「さっき話した私たちの決意は、みんながいたから導き出せたと思います。新しい私たちとあなたの曲です」と曲紹介をして、新曲「Answer」を披露。折原の美しい歌声で始まり、キュートでカッコいい振り付けに新鮮さもあるこの曲。新生NightOwlの本格始動を感じさせる、前向きで希望溢れる最新曲が明るく未来を照らす中、ワンマンは終演。次のステージへと足を進めようとする彼女らの覚悟と答えが言葉だけでなく、ステージからしっかり見えてくる素晴らしいライブだった。

NightOwl

NightOwl

NightOwlのNEW EP「Answer」は、8月28日リリース。「Answer」を掲げてのリリースツアーは8月28日(土)仙台Rensaを皮切りに、ファイナルとなる10月4日(月)東京club asiaまで、全国5か所で行われる。
 

取材・文=フジジュン 撮影=ニイミココロ