2021年8月25日(水)〜29日(日)サンモールスタジオにて上演される、CEDAR×深作組『ブリキの太鼓』。このたび公演のビジュアルフライヤー、公演日程の詳細、およびアフタートークのゲストが発表された。

本公演は、演劇ユニットCEDAR、映画監督・深作健太のコラボレーション企画。ドイツの国民的な小説家、ギュンター・グラス原作の『ブリキの太鼓』を「演劇ver.」「朗読劇 ver.」という2種類の上演形式によって一人芝居で上演する画期的な試みとなる。

アフタートークのゲストに、俳優の三津谷亮、和光大学教授・ドイツ文学翻訳家の酒寄進一氏、東京外国語大学名誉教授・ドイツ文学翻訳家の谷川道子氏、翻訳・通訳・エッセイストのマライ・メントライン氏が決定している。

8月25日ゲスト_三津谷亮

8月25日ゲスト_三津谷亮

8月26日ゲスト_酒寄進一

8月26日ゲスト_酒寄進一

8月27日ゲスト_谷川道子

8月27日ゲスト_谷川道子

8月28日ゲスト_マライ・メントライン

8月28日ゲスト_マライ・メントライン