10月22日(金)に全国ロードショーとなる映画『ひらいて』の主題歌を大森靖子が担当することが解禁された。

主題歌のタイトルは映画タイトルと同じく「ひらいて」。大森靖子が本映画のために書き下ろした楽曲となっている。

本映画は芥川賞作家・綿矢りさが、高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった小説が原作となっており、弱冠26歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜による脚本・監督にて映画化が決定した。

また、映画予告編も公開され、山田杏奈が演じる学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の“愛“が自分の中で膨らんでいく恋心を悟られないよう、さりげなく“たとえ“(作間龍斗[HiHi Jets/ジャニーズJr.])に接近し、自然と距離を詰めようとする。

自分以外の誰もが気づいていないだろう彼のさりげない魅力に惹かれている愛の視線は日々たとえに向けられていたが、そんなある日、彼には秘密の恋人“美雪”(芋生悠)がいることを知り、ずっと想いを寄せていたたとえに予想外の恋人がいたことを知った愛は、その関心を彼女にも向け、校内での交流に留まらず休日も美雪を遊びに誘う。

しかし、愛の真意を知る由もない美雪はどんどん愛のペースに引っ張られながらも、ゆっくり時間をかけて愛情をあたためてきたたとえと美雪の絆は強く、愛が入り込む余地はなく、振り向いてくれないたとえ、的外れな主張をしてくる美雪に苛立ち、愛の欲望は想像し得ない方向に暴走していく。

エキセントリックでありながらも切実な純愛を描き、いかなる恋愛映画も及ばなかった境地に行き着く、青春映画の系譜を飛び越えた作品になっている。

大森靖子コメント

恋がしたいという最悪な感情が、暴発する自分の中の何かを誰かにぶつけてみたいという感情が、世に蔓延る恋愛感情と呼んでいいものなのだろうか?相手も、性別も、自分と他者の境界すら必要なかったり、逆に自分以外の全てが気持ち悪かったり、その全てをひらいて足掻く瞬間は、どんなに無様で、一般的に"失恋"や"修羅場"などと呼ばれる事象であったとして、美しいものだから。

恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい、最悪。

アンバランスにバランスをとってその季節を生き抜いてきたことを映画を見て思い出し、楽曲にしました。

編曲はsugarbeans。映画のためだけに、せーので録音しました。

『ひらいて』予告映像