日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021 ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』(原作:『竹取物語』、脚本:長田育恵、演出・振付:広崎うらん)が、2021年7月31日、東京・日生劇場で開幕した。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

本作は、文楽の技術を継承する人形劇とコンテンポラリーダンスを融合させた、日生劇場オリジナルプロジェクト。人形劇団ひとみ座が操る身長150cmの表情豊かな人形たちと、ひなた役の辻田暁、かぐや役の松本美里、かんた役の大宮大奨、オババ役の田根楽子らをはじめとした、一流のダンサーや俳優に、能楽師の津村禮次郎も加わり、迫力の生演奏にあわせて、人間と人形が一体となって贈るイマジネーションあふれる舞台だ。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

日本の古典『竹取物語』を題材に、脚本の長田育恵と演出・振付の広崎うらんの手により、オリジナルキャラクターの村娘ひなたたちと、竹から生まれて成長していく不思議な金の赤ん坊「かぐや」との交流が描かれる。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

演奏は、幅広い音楽ジャンルで活動する渡辺庸介(パーカッション)、ファルコン(ギター)、中西俊博(ヴァイオリン)の3人。舞台美術は、アートの分野でも活躍する建築家、長谷川匠。照明によって変化する煌めく宇宙のような空間の中、スウェーデンのデザイナー、ミラ・エックによる色鮮やかなテキスタイルの衣裳が色を添える。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

以下に公演レポートをお届けしよう。

ひなたは、ある村に暮らす平凡な少女。祭りの夜、自分の名前を呼ぶ声に導かれ、竹やぶに入ると、そこに、不思議な光る玉を見つける。ひなたは、赤ん坊のようなその玉を「かぐや」と名付け、一緒に暮らすことに。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

成長したかぐやは、金色に輝く生命体。ある日、そんなかぐやを狙って山賊が村を襲い、平穏な暮らしは一転します。ひなたは、また成長したかぐやと、幼馴染のかんた、オババとともに村を出て都に向かう。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

都で、かぐやは美しい娘へと成長する。求婚してくる個性豊かな貴族たちを諦めさせたいかぐやは、結婚の条件として難題に挑ませる。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

そんな中、かぐやの急な成長に戸惑いながらも、変わらない絆を確かめ合うひなたとかぐや。しかし、月から来た姫であるかぐやは、月に帰らなければならず……。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

『竹取物語』が、少女たちの絆を描く物語として生まれ変わった。エネルギッシュに、時に影のように繊細に演じるダンサーたちの圧巻のパフォーマンスが物語に奥行きを与える。幻想的な空間の中で、人間と人形が共演し、ジャンルを超えて贈る新しい「かぐや姫」の世界が堪能できる。

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』

ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』