2021年8月13日(金)新橋演舞場にて渡辺えり&高畑淳子W主演『喜劇 老後の資金がありません』が開幕する。初日に先立ちゲネプロ公開&初日前会見が行われた。

『喜劇 老後の資金がありません』 の原作は、垣谷美雨による小説で“老後の資金”をテーマに普通の主婦が四苦八苦する物語は大きな共感を呼んだ。今回は、喜劇に定評のある マギーの脚色・演出により、初めての舞台化となる。

主演は渡辺えりと高畑淳子。同い年の二人は意外にも舞台初共演となり、その他、羽場裕一、宇梶剛士、長谷川稀世、原嘉孝、松本幸大(ジャニーズ Jr.)、 一色采子、明星真由美、多岐川華子が出演する。

初日前会見には、渡辺と高畑が登壇。初日を迎えるにあたっての意気込みを聞かれ、

「意気込みというか息切れがしてきちゃって(笑)本当に本番で息が切れないように、今は死ぬ気でやっているという感じです。頑張ります。」と渡辺が答えると、高畑は「えりさんとお芝居するのは本当に楽しいんですが、身体と脳がついていかないというのも事実であり…。悔しい思いもあるんですが、頑張っています。」と語った。

渡辺えり

渡辺えり

今回初共演となる二人に、お互いの印象について質問がされると、
「天然と言いますか、猪突猛進と言いますか、こちらが嬉しくなるくらいまっすぐな気持ちで進んでいく方です。あと、稽古場ではみんなマスクをしていたので、舞台稽古で初めてマスクを外して、こういう顔なんだと笑ってしまいますね。とても美人なんですけど、たまにするギャグ漫画みたいなリアクションが面白いです。」と渡辺が語れば、
「そっくりそのままお返ししたいですよ(笑)。このお芝居は 「老後の資金がありません」という逼迫した家計と戦う女性の話なんですが、何故だかこの人といると楽しくなっちゃうというのが核になっている話でもあるんですね。それがえりさんとの間にはあるので、そのまま出せればいいなと思っている次第です。皆様の力になればと思います。」と高畑が答え、息の合ったところを見せた。

高畑淳子

高畑淳子

劇中では歌やダンスを披露するシーンも多く、高畑は「えりさん、とても歌が上手いですよ。まさに『天使にラブ・ソングを…』という感じです。」と語り、渡辺は「ダンスは複雑な振付があるのですが、66歳で私たちよくやってますよ。」と。劇中では高畑がラップに初挑戦する場面もあるとのことだ。

『喜劇 老後の資金がありません』舞台写真より (左から)高畑淳子、渡辺えり

『喜劇 老後の資金がありません』舞台写真より (左から)高畑淳子、渡辺えり

新橋演舞場の公演は8月26日(木)まで、その後9月1日(水)〜15日(水)大阪松竹座にて上演される。