舞台『弱虫ペダル』の脚本、『ハンサム落語』シリーズの脚色・演出、『コジコジ』の脚本・演出、その他『ギャグ漫画日和』や『ハイスクール奇面組』など人気作品に引く手あまたな劇作家・演出家、なるせゆうせいによる完全オリジナル作品『御手洗さん』がオフィスインベーダーとstyle officeの共催で、舞台『御手洗さん』として2021年9月29日(水)〜10月3日(日)に俳優座劇場にて上演が決定、ティザービジュアルもあわせて公開となった。

物語は小さい頃から圧倒的にイジメられ、世界を呪っていたみにくい御手洗アイ子(みたらいあいこ)が、引きこもりから抜け出すために一念発起し、就職活動をし世界的有名な「美」を追求する会社に受かることに。アイ子はこの会社で伸し上がろうとそう決意した矢先に様々な問題が起こってしまう。果たしてアイ子は、究極の美を手に入れることができるのか…。
かつてアイ子をイジメにイジメぬいたクラスのマドンナ・九頭竜冴子を始め、自分を勇者だと信じてやまない底辺の彼氏、みにくいものにこそ美を感じる逸脱した社長、優しさの固まりだが酔うと人を殺すヤクザ、自分よりレベルの低い社員を仲間にする同僚、など癖のあるキャラクターが多数登場する。
主演の御手洗アイ子役に生田輝を迎え、佐武宇綺、富田麻帆、北乃颯希、吉田宗洋、寺山武志、元アジアンの隅田美保らが脇を固める。

(上段左から)生田輝、佐武宇綺、富田麻帆(下段左から)北乃颯希、吉田宗洋、寺山武志、隅田美保

(上段左から)生田輝、佐武宇綺、富田麻帆(下段左から)北乃颯希、吉田宗洋、寺山武志、隅田美保