2021年9月7日(火)〜9月12日(日)新宿THEATER BRATSにて上演される劇団アレン座「ホウム。」の続編 『-野田河家の人々-ホウム2』のポスターとあらすじが発表された。

「ホウム。」は劇団アレン座・劇団員の磯野大、栗田学武、來河侑希による「野田河家」の3兄弟の物語。脚本・演出は劇団アレン座公演の全てを担当している鈴木茉美が手掛ける。
今回の物語は野田河家の父・幾三の死後の四十九日から始まる。
次男のたけしは父親の死後、何をやっても中途半端な自身の性格、生活を変えるべく、キッチンカーで実家のキャベツを使ったロールキャベツ屋さんを開店しようと奮闘しているが、なかなか前に進めることができない。その様子を見守りながらも苛立つ、弟まさるとなんとなく険悪な関係でいる。のぞみ夫婦は、たけしに必要なのは支えてくれる女性だと、たけしに内緒でお見合いを計画するが…。

大好評の中幕を閉じた野田河家シリーズ、第二作は三兄弟の絆の話。夏の終わりの感動の物語を、劇団アレン座の強い絆を持つ3人の俳優が、ユーモアと高い熱量で演じるホームコメディーとなる。