『RUSH BALL 2021』夜の本気ダンス

リハからドラムの鈴鹿秋斗(Dr)が喋って自然に盛り上げて、本番が始まり、1曲目「Crazy Dancer」でしっかり沸かせ、一瞬、ギターボーカルの米田貴紀が挨拶をするも、気が付くと鈴鹿がまた喋っている。もちろん今までもライブを何度も観ているし、ライブレポートも何度か担当しているが、ゴリゴリのかっこいいダンスミュージックを鳴らす若手のロックバンドで、ここまで喋りが達者なロックバンドもいないと思う。それに観客も音楽と喋りの両方を求めているように感じる。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

「みんな元気してました? 俺は元気にしてたぜ! めっちゃ久々に来たよ、こんなとこに!」と鈴鹿も言っていたが、今までは普通に夏の野外で楽しめていた事が普通じゃ無くなった今。まだまだ以前のようにはできないが、それでもバンドも観客も心から楽しんでいる事が伝わってくる。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

声は出せないし、スペースも守らないといけないが、鈴鹿いわく変な動きで自由に踊る事はできるわけで、「踊れるんやったら叩くわ!」と言って、リズムを刻んだ「fuckin’ so tired」は痛快だった。楽しそうに踊る観客を、ハンドマイクの米田が煽る煽る。西田一紀のギターもギュインギュインと気持ち良く鳴る。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

鈴鹿は曲中でのラップ部分も決めるなど絶好調で、その後も『RUSH BALL』で飲む水は格別と話したり、自分たちの担当イベンター清水音泉の話をしたりと自由に喋りを進めるが、この日は、そこにベースのマイケルが切れ味の良いツッコミを入れるのも楽しめた。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

当たり前だが、こういう喋りが際立つのも音楽がカッコ良いからなわけで、グッドメロディーな「Magical Feelin’」から速くて軽快なビートの「WHERE?」とメリハリも最高に効いている。「GIVE & TAKE」では米田が大きく手を広げてジャンプすると観客全員も嬉しそうにジャンプしていた。ラストナンバーは米田の「最後ひと踊りしていきませんか?!」から「戦争」へ。ギターを弾きながら凄い脚の開脚を魅せる西田など、とにかく最後まで魅了しまくってくれた夜の本気ダンスであった。

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

取材・文=鈴木淳史 撮影=田浦ボン

『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら