『RUSH BALL 2021』ユアネス

『RUSH BALL』初日、ATMCのトリを飾るのは3度目の出演となるユアネス。「最後までよろしく」と、続々と集まるオーディエンスに言葉を掛け1曲目「pop」へ。これまでの『RUSH BALL』出演でも披露してきた馴染みある楽曲だが、今まで以上に歌詞に綴られた言葉たちが心を掴んで離さない。<明日も未来も 「歩みを止めんなよ」>、2021年の今だからこそ、今日だからこその景色が確かに目の前に広がっていることを体感させられる。

ユアネス

ユアネス

「少年少女をやめてから」では、複雑でいて鮮麗なバンドアンサンブルが駆け上がっていく。黒川侑司(Vo.Gt)の凛とした歌声、なんだかメランコリックな古閑翔平(Gt)のギターリフ。疾走感はあるのに「静」の印象が強く、オーディエンスはじっとステージを見つめて聴き入っている。

ユアネス

ユアネス

「このステージに立てて嬉しい。最後まで、最後まで良い時間にしたい」と、短い言葉ながら思いの丈をぶつけ「凩」へ。淡々としているのに気付けば爆ぜている、そんな音の連続。ドアを一枚々々開け放ったその先はとてもドラマチックな景色が待っていて、聴くほどに心ときめいてしまう。

ユアネス

ユアネス

続いては、夜に溶けこむような「ヘリオトロープ」へ。切なくも美麗なメロが会場の空気を引き締める。熱冷ましのような穏やかさがあるけれど、田中雄大(Ba)と小野貴寛(Dr)のリズムは力強く確かな鼓動を鳴らしている。

ユアネス

ユアネス

ラストは繊細なメロディが涼しさを増した夜にハマる「籠の中に鳥」。深い青の照明の中で凛とした表情のメンバー4人の顔が見える。寄り添うでもなく、等身大とも少し違う。気づけば聴く者の心の中で大きな存在になっているような言葉は憂愁の色が濃く染みていた。限られた時間のなか、バンドの存在を、ライブに懸ける思いをぶつけた全5曲。観客の心を染めたその色はしばらく抜けそうになさそうだ。

ユアネス

ユアネス

取材・文=黒田奈保子 撮影=田浦ボン

『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら