2021年8月27日〜29日の3日間、さいたまスーパーアリーナにて、夏の大型アニソンイベント『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』が開催された。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年は延期となり、2年越しの開催となった本イベント。2019年には各日28,000人ものアニメファンたちを集めていたが、今年は5,000人という入場制限に従っての開催となった。マスク着用・声出し禁止などの措置も徹底された上、それでも例年に負けないほどアニソンファンたちの熱い思いを感じることのできた大規模なステージ。今回のレポートでは、DAY2となる8月28日(土)の公演の模様をお届けする。

■「みんな、よく来たね」GRANRODEO×栗林みな実の「紅蓮華」からすでに涙腺崩壊

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

最初に登場したアーティストは、栗林みな実とGRANRODEO。コラボで披露した1曲目は、「紅蓮華」(TVアニメ『鬼滅の刃』OPテーマ)である。東京2020オリンピックの閉会式でも流れた、もはやアニソン界を代表する一曲が男女ボーカルの掛け合いによって披露された。二人の力強い歌声が会場に響けば、それだけで涙が流れてきそうになるのは、曲の持つパワーだけではない、きっとその歌にさまざまな想いが込められているのを感じることができたからだろう。ステージからは幾筋もの赤いレーザービームが放たれる演出もある一方、観客席にも5,000本のペンライトの華が咲き誇り、美しい景色が作り出されていく。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

曲が終わり、栗林みな実が「楽しんでってねー!」とステージから離れた後、GRANRODEOは2曲目に『情熱は覚えている』(TVアニメ『バキ』大擂台賽編OPテーマ)を披露。ステージ上では、サビで蒸気が吹き出すなど激しい演出中、ボーカル・谷山紀章が力強くシャウトを繰り返す。

2曲が終わり、MCにて谷山紀章は「大変な時代なのはみんなわかってる。言いたいことはいろいろある」と言いながら、多くは語らなかった。「音楽ですべてを語っていければと思います。アニサマ去年開催できなくて、ここまで辿り着けたことは、とても素敵なことだと信じましょう。信じてます。みんな、よく来たね」

3曲目には、「セツナの愛」(TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第3シーズンOPテーマ)を披露。ステージ上に跪いて歌う場面もあり、力強く、男らしい声で会場を満たしていく。序盤からパワフルなステージに、この歌に身を任せていれば僕らは大丈夫だ、と思わせてくれる。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続いては、スクリーンにTVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』の映像が映され、まるでアニメから本人たちが飛び出してきたような演出で、GYROAXIAメンバーが登場。4曲目として、アニメ劇中歌「MANIFESTO」を披露する。弾丸のように放たれるラップ。曲のサビでは「HEY!」の掛け声に合わせ、ステージが文字通り火を噴く激しい演出も。5曲目にはアニメEDテーマ「LIAR」を披露。旭那由多(小笠原仁)が広いメインステージの端まで向かい、歌を響かせた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次のアーティストには、鈴木愛奈が登場。美しい紅葉の風景を映し出したスクリーンをバックに、6曲目「渡月橋 〜君想ふ〜」(劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』主題歌)を、優しくも力強い声で、伸びやかに歌い上げた。『アニサマ』の舞台にソロで立つのは初めてと言う鈴木愛奈。続くMCでは「すごくすごく嬉しいです」と幸せを語り、7曲目に「ヒカリイロの歌」(TVアニメ『はてな☆イリュージョン』EDテーマ)を披露した。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

さらにソロ初出演のアーティストが続く。スクリーンにはアニメ『出会って5秒でバトル』の映像が映し出され、鬼頭明里が登場。8曲目としてOPテーマ「No Continue」を歌い上げた。MCでは「一人だと、めちゃくちゃ広いですね」と緊張感も語りながら、9曲目として「ずっとずっとアニサマで披露したかった曲」という「Tiny Light」(TVアニメ『地縛少年花子くん』EDテーマ)を披露。スモークがたかれるステージの上で、まるで霧の中にいるような雰囲気に包まれながら、透明感あふれる歌声を響かせた。

■​『ダンまち』のヘスティアも駆けつけた?邪神ちゃん召喚や七星VS旭のラップ披露も

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次のステージも、アニメのオープニングから始まるかと思いきや、「すっごく盛り上がってるじゃないかー!次は僕にゆかりのあるアーティストが登場するって言うから、オラリオから駆け付けたんだー」とTV アニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヘスティアが、オリジナルボイスで語るサプライズも。ペンライトについても「ここからは黄色にして応援してくれないかー!」と、まさかのへスティアから会場への指示が入り、黄色に染まる客席を前に、井口裕香が登場。10曲目として、アニメ3期OP テーマ「over and over」を歌った。

「やっと私たちの夏が来ましたね。帰ってきましたね!」とMCパートではしゃぎつつ、「明日からサブスク解禁です!」という大事な宣伝もしっかり入れる井口裕香。続く楽曲には浴衣姿のアニサマダンサーズを引き連れ、自身も黄色いドレスに半被をまとうと「さ、おかみさんがやってきましたよ!」とお茶目に言い、11曲目に「白金ディスコ」(TVアニメ『偽物語』OPテーマ)を披露した。客席には、白金(プラチナ)ということだろうか、白と金(黄色)のペンライトが揺れるのもすさまじい。指示が無くても、ファンがしっかりアーティストに応える様子も『アニサマ』ならではである。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続くステージではhalcaが登場。12曲目として「キミがいたしるし」(TVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』4月EDテーマ)を披露し、激しいロックナンバーに、客席は再び赤いペンライトで染まった。halcaは、『アニサマ』ではこれまでけやきひろばステージに出演したことはあったが、メインステージには今年ようやく来ることができたと、続くMCで喜びを語る。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次の楽曲に移る前に、halcaがステージ上に転がる本を見つけて中の呪文を唱えると、なんと邪神ちゃん(鈴木愛奈)がステージに召喚。「ここは一体どこですの!?」と混乱する邪神ちゃんに、「魔界に帰りたくば歌うこと」と嘘を言い、13曲目「時としてバイオレンス」(TVアニメ『邪神ちゃんドロップキック’』OPテーマ)をhalca feat.邪神ちゃんというコラボで披露した。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続いては、会場中央のステージにArgonavisが登場。14曲目「星がはじまる」(TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream! ANIMATION』OPテーマ)披露し、爽やかなロック曲に会場は青いペンライトで染まった。「すごい景色だ…こんなステージで歌うことができて本当に嬉しいです」と七星蓮(伊藤昌弘)が感動を口にする中、そこへ旭那由多が乱入。「準備はできてるんだろ!」と、Argonavis feat. 旭 那由多 from GYROAXIAで、15曲目「STARTING OVER」(TVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』劇中歌)を歌った。激しいラップの掛け合いに、客席は青と赤のペンライトで双方を応援する。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

そして、前半のトリを務めるアーティストが登場。ひぐらしの鳴き声が会場中に満たされ、不穏な空気の中で現れたのは、16曲目「I believe what you said」(TVアニメ『ひぐらしのなく頃に 業』OPテーマ)を歌う亜咲花だ。アニメの恐ろしいオープニングがスクリーンに表示される中、ペンライトは血のような赤で染まる。

歌い終わりに、しばらく暗転と沈黙が続いたのも演出か…と思いきや、「ただいま、機材が故障しておりまして。もう少々お待ちください!」とまさかの機材ハプニングだと判明した。「逆においしい時間なのかもしれない!」と、MCでは打って変わって、楽し気にトークを繰り広げる。2019年には、声帯ポリープを抱えながらの歌唱となったという亜咲花。無事手術も終え、今年は何一つ不安のないステージで、気持ちよくステージに立てている喜びを語った。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続く楽曲の前には一度舞台をはけ、キャンプ衣装に早着替えして再登場。同じくキャンプ衣装のアニサマダンサーズも引き連れ、17曲目に「Seize The Day」(TVアニメ『ゆるキャン△ SEASON2』OPテーマ)を歌った。曲の合間には「みんなに会いにいっちゃおうかなー!」とステージ端からゴンドラに乗り込み、会場をぐるっと一周。まるで大自然のように緑のペンライトが一面覆う中を歌い、巡っていった。前半ラストの18曲目には東山奈央を呼びこみ、「SHINY DAYS」(TVアニメ『ゆるキャン△』OPテーマ)を亜咲花△東山奈央というコンビで披露。楽しい『ゆるキャン△』ムードに包まれる中、歌い終えた後には「みんなゆるっと休憩してね〜」と言い、前半ステージを締めくくった。

■​永遠の大型新人?鈴木雅之登場。レジェンド・大黒摩季と共に5,000人のハミングも

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

20分の休憩を挟んで、後半へ。最初に赤いチェック柄の衣装で鈴木愛理が登場し、ゴンドラに乗って会場を巡りながら19曲目として披露したのは、「恋愛♡ライダー」(TVアニメ『しゅごキャラ!』EDテーマ)である。間奏でメインステージにたどりつき、歌の後半はダンサーと共に踊りながら、力いっぱい、元気いっぱいのパフォーマンスを披露した。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次の曲で衣装をパージさせ、白いドレス姿となると、ステージには鈴木雅之を呼び込んで20曲目「DADDY ! DADDY ! DO !」(TVアニメ『かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』OPテーマ)を鈴木雅之 feat. 鈴木愛理のデュエットで披露。「アニソン界の永遠の大型新人!」を語りながら、もうすっかりアニソンシンガーとしても定着し始めた印象もある鈴木雅之。「もう一曲いかがでしょうか」と、21曲目には1987年の名曲「ロンリー・チャップリン」を、再び鈴木雅之 feat. 鈴木愛理のデュエットで歌い上げた。最後は鈴木雅之が鈴木愛理の手を取り、舞台袖にはけていく様も紳士的である。

続いてのアーティストには、東山奈央が登場。22曲目として「歩いていこう!」(TVアニメ『恋する小惑星(アステロイド)』OPテーマ)を披露し、ペンライトは星空のような青に染まる。MCでは、「実は緊張しいなんですけど、凄くワクワクしていて、緊張がどこかに押し出されちゃった」と語る東山奈央。23曲目には「エブリデイワールド」(TVアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』EDテーマ)を、アニメ映像と共に、自らが務めたキャラクター・由比ヶ浜結衣として歌い上げた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

また、次の楽曲で東山奈央は、TVアニメ『はたらく魔王さま!』の佐々木千穂へとキャラチェンジ。舞台の下からせり上がって登場した栗林みな実と共に、24曲目としてOPテーマ「ZERO!!」を、栗林みな実×佐々木千穂のコンビで披露した。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

「これで終わりだと思ったでしょ?ところがどっこい!」と、東山奈央は次もキャラチェンジ。TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』のジーナ・ボイドとなる。ステージには奏流院朱美(雨宮天)、さらに鈴木愛理登場も登場して、25曲目にOPテーマ「お願いマッスル」を、ジーナ・ボイド&奏流院朱美 feat. 鈴木愛理の3人で歌い・踊った。二の腕など、ひたすら筋肉をアピールするコミカルな演出。間奏では、両手を胸の前でギューッと合わせるトレーニング法も披露し、来場者全員の筋肉まで鍛え上げた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次のアーティストには、スタァライト九九組が登場。26曲目に「再生讃美曲」(劇場版再生産総集編『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』主題歌)を、さらに27曲目に「私たちはもう舞台の上」(『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』主題歌)を披露した。アニメ映像と共に、軽やかにステップを踏むステージ上で9人。一糸乱れぬ動きで団体芸の美を作り出していき、歌の合間には会場中からも手拍子が起こる。

さらにもう一曲。「そして、私たちは次の舞台へ」と叫び、28曲目には懐かしのアニソン「薔薇は美しく散る」(TVアニメ『ベルサイユのばら』主題歌)を艶やかにカバーで歌い上げる。歌の終わりには巨大スクリーンにも歌劇の幕が降りていくようなアニメーションが映し出され、『アニサマ』の中で、短くも壮大な歌劇のシーンを締めくくった。

続いては、アニソン界のレジェンド歌手・大黒摩季が登場。サプライズゲストとして富永TOMMY弘明まで現れ、29曲目に「Anything Goes!」(『仮面ライダーオーズ/OOO』主題歌)をコラボで披露した。片手にマイクを持ち、シャウトに合わせてもう片方の拳を高く掲げる富永TOMMY弘明。大黒摩季はマイクスタンドを斜めに構えて熱唱し、会場の熱を上げていく。なおこの選曲について、SNSで「『Anything Goes!』歌ってくれたら神だ」とファンのツイートに応えたものだと、続くMCで大黒摩季は語った。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次の曲に入る前に、大黒摩季はGRANRODEOを呼び込む。女性1人、男性2人が赤の衣装で揃った様子に「アニメ界のドリカムみたいだね!」と大黒摩季が言えば、「一人いなくなっちゃうじゃないですか!」と谷山紀章がやや危ういツッコミを入れた。そしてコラボとして30曲目に披露したのは、名曲「あなただけ見つめてる」(TVアニメ『スラムダンク」EDテーマ)だ。懐かしい当時のアニメED画面もスタッフロール付きで流れるという胸熱演出に、客席は一点の曇りもない「桜木花道カラー」の赤に染まった。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

さらにもう1曲。GRANRODEOと入れ替わりで鈴木雅之を呼び込み、31曲目に1995年のヒット曲「ら・ら・ら」を披露。サビではスタァライト九九組も合流して、ダンス&コーラスとして参加する豪華なステージとなった。さらに、「しっかりマスクをしてればハミングはOK」というレギュレーションに従い、観客もハミングで参加。「じゃあ、メガネの人!」「裸眼の人!」「コンタクトの人!」と、どんどん少ない人数にハミングを呼びかけ、最後は「もっとちっちゃく!」と、伴奏もなくなった会場に静かで美しいハミングを響かせる。5,000人もいる会場が、こうした静けさによって一つとなっていくのは、この時代ならではと言えるかもしれない。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

大黒摩季のステージが終わり、余韻に浸っている間も無く次のアーティストへ。栗林みな実が登場し、32曲目として「残酷な夢と眠れ」(TVアニメ『回復術士のやり直し』OPテーマ)を披露した。スクリーンにはアニメ映像も映し出される中、とても激しいロックに、やはりペンライトは赤く染まる。

そんなパワフルな歌を歌った後なのに、MCでは、「リハでマジ泣きそうになった。今も泣きそう。バンドの音を聴いたら希望が持てた」と、やや声を震わせながら語る栗林みな実。この『アニサマ』という舞台に向けて、「(自分は)どう考えても陰キャなわけよ!でも受け入れてくれるところ」として感謝を述べた。そして続く33曲目には、「Just the truth」(『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女』主題歌)を披露。映画は前日の8月27日に公開となったばかりで、ライブでの歌の披露は初めてとなる。真実に対してまっすぐな主人公・イリヤを想って書いたという歌詞を、まっすぐ、力強く歌い上げた。

■​「『アニサマ』という名の住所は僕らの中に」オーイシマサヨシ男泣き、感動のフィナーレへ

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続くステージは、波の音・カモメの音・鐘の音と共に始まり、現れたのはTrySail(麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜)の3人だ。34曲目に、ライブ初披露となる「誰が為に愛は鳴る」TrySail(TVアニメ『SDガンダムワールド ヒーローズ』OPテーマ)を歌うと、客席のペンライトは青・黄・ピンクと、TrySailカラーに染まる。さらに35曲目には、「Free Turn」(『劇場版 ハイスクール・フリート』主題歌)も披露。楽曲に合わせて、客席からも手拍子がわき起こった。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

「みなさーん、まだまだいけますかー!」「あどれーなーりーん!!!」と、36曲目にはライブ定番曲「adrenaline!!!」(TVアニメ『エロマンガ先生』EDテーマ)が披露されるか…とおもいきや、イントロに続けて突然ハッピーバースデーの曲が流れ、「Happy Birtyday天ちゃん!」と、この日誕生日を迎えた雨宮天を祝うサプライズ演出も。3人の笑顔に包まれながら、再びイントロが流れたあとはフルパワーで「adrenaline!!!」を披露。「最高の誕生日になりましたー!」と雨宮天が叫び、最後は3人で一斉にジャンプを決め、息ピッタリの楽しげな舞台を終えた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

続いてのアーティスト。おどろおどろしいコーラスが始まり、一体何が起こるのかと思いきや…会場の真ん中のステージにポツンと登場したのはオーイシマサヨシである。一人でポツンと佇む光景はシュールだったが、37曲目に「インパーフェクト」(TVアニメ『SSSS.DYNAZENON』OPテーマ)をゴンドラで運ばれながら披露すると、客席は一気にヒートアップし、ペンライトは一斉に揺れ出した。そのままオーイシマサヨシは、DYNAZENONが待つメインステージへ。

歌い終え、対峙するDYNAZENONとオーイシマサヨシ。「DYNAZENONさん、なんでBATTLE GOしようとしてるんですか!僕、怪獣じゃないよ!」とツッコミを入れる。そんな二人の「即興劇」を終えた後のMCでも、「どんな状況でも、アニサマは変わらへんな!今年はクリーンなオーイシマサヨシお届けできると思ったけど、やっぱ変わらへんわ」と、「おしゃべりクソ眼鏡」っぷりをアピールした。続く38曲目には、ステージにダンサーも引き込み、「ロールプレイング」(TVアニメ『ドラゴン、家を買う。』OPテーマ)を披露。歌詞の一部を「『アニサマ』という名の住所は僕らの中にある」と変え、客席に、そして配信で観ている一人ひとりの心へも、歌と想いを届けて行った。やがて39曲目には、「英雄の歌」(映画『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』主題歌)を、真っ赤なペンライトに染まる会場中で熱唱し、コミカルなだけでなく、熱い想いに溢れた楽しいステージを終えた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

次はいよいよ、DAY2の最後となるアーティストが登場。壮大なイントロと共に現れたのは、angelaだ。歌に入る前に、KATSUから「少し我々にお付き合いください」と、2019年に急性心不全のため逝去したアニサマバンドドラマー・山内“masshoi”優氏への黙とうが捧げられた。2年越しの開催となった今だからこその計らいに、涙したファンも多かったに違いない。

その涙を拭う代わりに、40曲目として「シドニア」(TVアニメ『シドニアの騎士』OPテーマ)を披露。「静」から、一気に「動」へと移り、会場が揺らぐような錯覚を覚える。atsukoの「打ち砕け!」に合わせ、再びステージが火を噴く、文字通り熱い演出も。観客からの声が無くても、「諸君らの熱い思い、こちら側にガンガン伝わってるぞ!」と叫ぶatsuko。歌の最後にはバーナーのように、ゴーッと火柱がステージに上がる。続いて、畳みかけるように、41曲目にも「叫べ」(TVアニメ『蒼穹のファフナー THE BEYOND』OPテーマ)と、力強い舞台を見せてくれた。

(c)Animelo Summer Live 2021

(c)Animelo Summer Live 2021

MCを挟んだあとは、ダンサースを呼び込み、42曲目に「アンダンテに恋をして!」(TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』OPテーマ)を披露。KATSUもフォークギターに持ち替え、打って変わってトキメキいっぱいの楽曲だ。また歌の合間には、中央ステージには男子と女性のマネキンが現れ、等身大人形劇も展開された。その様子もカメラで撮影され、メインステージの巨大スクリーンにチラチラ映し出されるシュールな演出もあり、会場を楽しませてくれた。

43曲目には、「乙女のルートはひとつじゃない!」(TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』OPテーマ)を披露。楽曲の中盤からは「ANISAMA FRIENDS」として本日出演した女性メンバーが次々登場し、ダンスや歌にも加わっていく。最後のロングトーンには男性メンバーも加わり、急きょ「ロングトーン対決」が勃発。オーイシマサヨシが優勝を決めるものの、最後には腰を痛め、「キンカン塗っとく?」「もう宣伝せんでええやん」とオーイシマサヨシ&atsukoの漫才が繰り広げられるなど、ハチャメチャなままangelaのステージは幕を閉じた。

そして最後、44曲目は、「なんてカラフルな世界!」(『Animelo Summer Live 2020-21 -COLORS-』テーマソング)をアニサマ2021出演アーティスト全員で披露。客席のペンライトは、まさに今回のテーマ『-COLORS-』を示すように、それぞれの色でカラフルに染まった。本来ならば、2020年に歌われる予定だったというこの楽曲。ようやく皆で歌えたことに、作詞・作曲に携わったオーイシマサヨシもガチ泣き。「ごめんみんな、泣いちゃったー!最高の夏をありがとー!」と叫び、最後はKATSUに介抱されている様子に、ついこちらももらい泣きしそうになってしまった。

2日間の公演を終えた『Animelo Summer Live 2021 -COLORS-』。感染症対策で、観客もブロックごとに分かれての退場など徹底されている中、特に「家に帰るまでがアニサマです」とアナウンスされているのも印象的だった。かつてのアニサマでもアーティストたちが語っていた言葉だが、今の時代には特に大切にしたい教えである。

まだ、ラスト1日。どんな喜びや感動が待っているかも楽しみだが、くれぐれも感染症対策を整えた上で、楽しんでいただければと思う。

レポート・文=平原 学