2021年11月11日(木)〜11月26日(金) TBS開局70周年を記念して、TBS赤坂ACTシアターにて『赤坂大歌舞伎』の上演が決定した。

赤坂大歌舞伎とは、十八代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から2008年にスタートし、誰にでも親しみやすい演目で幅広く人気を博してきた名物シリーズ。2013年からは中村勘九郎、中村七之助兄弟が亡き父の遺志を継いで公演を続け、さらなる進化を遂げてきた。

6回目の上演は昨年5月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により中止を余儀なくされ、演目も新たに今年の11月に上演が決定した。なお、劇場は年内から改修工事が(当面の間、舞台『ハリー・ポッター』の専用劇場として運営される)予定されており、この赤坂大歌舞伎が、いったんの節目を飾る作品となる。

上演される演目は、『廓噺山名屋浦里』、『越後獅子(えちごじし)』、『宵赤坂俄廓景色(よいのあかさかにわかのさとげしき)』の3作。

『廓噺山名屋浦里』は、江戸時代に名を馳せた花魁「扇屋の花扇」にまつわる実話で2015年、このTBS赤坂ACTシアターにて、笑福亭鶴瓶が落語として披露し、その翌年には「この落語を歌舞伎にしたい」と熱望した中村勘九郎が、中村七之助らとともに、八月納涼歌舞伎の一演目として舞台化し、大きな話題となった。以来、再演を待ち望む声も多いこの作品が、ゆかりの地TBS赤坂ACTシアターで、5年ぶりの上演を果たす。

『越後獅子』は長唄にのせて、手おどり、足拍子、布さらしと、様々な踊りの表現を披露。舞台を締めくくる『宵赤坂俄廓景色』は、今回の赤坂大歌舞伎ならではの趣向を取り入れ、赤坂がかつて花街だった時代を想起させるような、華やかな作品として、劇場を沸かせる。

記念すべき第1回公演に出演の中村扇雀をはじめ、片岡亀蔵、中村虎之介、中村鶴松と魅力溢れる顔ぶれに加え、勘九郎の長男、中村勘太郎と次男、中村長三郎が『赤坂大歌舞伎』に初登場する。