2021年8月30日(月)東京芸術劇場 プレイハウスにて、『Le Fils 息子』が開幕し、舞台写真が到着した。

2018年にパリのシャンゼリゼ劇場にて初演され、フランス最高位の演劇賞であるモリエール賞にて最優秀新人賞を受賞するなど高い評価を受けた本作。脚本を手掛けたフロリアン・ゼレールは現代においてもっとも心躍る劇作家といわれ、自身が初監督を務めた映画『ファーザー』では、第93回アカデミー賞脚色賞を受賞したフランスの若手劇作家だ。

本作は深い洞察による緻密さとスタイリッシュさを両立させる演出家、ラディスラス・ショラーが演出を手掛け、世界13か国で上演され、二コラ役は各国を代表する才能ある俳優に演じられていることで、若手俳優の登竜門と呼ばれている。

『Le Fils 息子』舞台写真

『Le Fils 息子』舞台写真

そんな本作の主人公、悩める17歳、二コラを演じるのは岡本圭人。両親の離婚により環境を変えた新しい生活の中で、悩み、迷い、傷つきながら、自分を再発見していく絶望した若者を演じる。共演には、ニコラの実の母親・アンヌ役に若村麻由美、ピエールと共にニコラと生活を始めるピエールの再婚相手・ソフィア役に伊勢佳世、さらに、浜田信也、木山廉彬という確かな実力で数多くの作品に出演している個性豊かなキャストが集まった。そして、ニコラの父親・ピエール役は、岡本健一が務める。

この度、日本初演の傑作がいよいよ開幕した。岡本圭人、そして岡本健一との親子共演からなる本作はどんな舞台になるのか。なお、本公演は、9月12日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウスにて上演。その後、北九州・高知・能登・新潟・宮崎・松本・兵庫でも開催する。

【STORY】
「何かを変えたい。でも、どうしたらいいか分からない。」
17歳のニコラは難しい時期を迎えていた。両親の離婚により、家族が離れ離れになってしまったことにひどいショックを受けて動揺し、何に対しても興味が持てなくなってしまっていた。嘘を重ねて学校にも行かずに日がな一日、目的もなく一人で過ごしていたところ、学校を退学になってしまう。父親(ピエール)は新しい家族と暮らしていたが、母親(アンヌ)からニコラの様子がおかしいことを聞き、何とか彼を救いたいと、離婚後に距離を置いていた息子と、向き合おうとする。
生活環境を変えることが、唯一自分を救う方法だと思えたニコラは、父親と再婚相手、そして年の離れた小さな弟と一緒に暮らし、新しい生活をスタートさせるのだが……。悩み、迷い、傷つきながら、自分を再発見していく絶望した若者の抒情詩。