今年(2021年)9月の開催を予定していたものの、兵庫県に緊急事態宣言が発出されたため、8月18日に中止が発表された「豊岡演劇祭2021」。しかし公式プログラムを含めた一部の演目が、自主公演という形で開催されることが決定した。

8月30日時点で開催が予定されているのは、以下のプログラム。

〇Platz 市民演劇プロジェクト『豊岡かよっ!』(演劇公演)※但馬地域の住民のみ観劇可
〇高山玲子『演劇の町』(冊子の演劇)
〇おもたせシアター『あさねぼうの神さま』(動画配信)
○かもめマシーン『もしもし、シモーヌさん<公衆電話バージョン>』(電話演劇)※チケット完売
〇森永あすか『オンラインでNY とつながって演劇で遊んでみよう!』(オンラインWS)
〇舘そらみ体験型講座『脚本家の仕事を疑似体験〜物語のタネを作る方法〜』(オンライン講座)
〇篠田千明『体を書く』(オンラインリハーサル)
○一般社団法人毛帽子事務所『豊岡物語プロジェクト-リーディング公演「豊岡物語」-』(オンラインリーディング)
○The end of company ジエン社『何もしない園』(オンライン公演)
○越後正志・松本成弘『道具行(どうぐこう)』(インスタレーション)
〇城崎発演劇列車 JR 西日本観光列車「うみやまむすび」×スイッチ総研『絶景!! 日本海! 山陰本線ローカル駅スイッチ』(移動型演劇)※11/5・6に振替公演を実施。チケット完売。
 

公式プログラムとして唯一、しかも劇場に観客を入れて上演する『豊岡かよっ!』は、2005年に但馬エリアの1市5町が合併して「豊岡市」が誕生した経緯を、大阪の劇団「南河内万歳一座」の内藤裕敬が、豊岡市民とともに演劇化した舞台だ。もともと、JR豊岡駅前の小劇場「豊岡市民プラザ」の自主企画から生まれた作品なので、この状況下でも上演のハードルがさほど高くなかったのが、幸いしたと言えるだろう。現時点で配信の実施は未定だが、豊岡発の演劇公演を全国にアピールする意味も含めて、ぜひ実現してほしい。

Platz 市民演劇プロジェクト『豊岡かよっ!』2020年初演より。

Platz 市民演劇プロジェクト『豊岡かよっ!』2020年初演より。

以上の11演目に加えて、養父市と香美町で上演が予定されていた演目は、現在公演の可能性を検討中だそう。さらなるラインアップの充実が期待できるので、続報を待ちたい。