舞台『醉いどれ天使』が2021年9月5日(日)明治座にて開幕、出演者のコメント及び舞台写真が到着した。新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、初日を2日間延期しての開幕となった。

日本をはじめ世界中に大きな影響を与えた名匠・黒澤明と、その多くの作品で主演を務めた三船敏郎の二人が初めてタッグを組み、1948年に公開された映画『醉いどれ天使』。戦後の混沌とした時代に生きる人々の葛藤をいきいきと描き、今なお傑作として圧倒的な支持を集めている。その日本映画史上最強コンビの原点ともいえる作品が、この度満を持して舞台に蘇る。

演出は、黒澤明同様海外での評価も高い三池崇史。脚本は演劇界のみならず映像作品でも活躍する蓬莱竜太が務める。そして出演は、桐谷健太、高橋克典、佐々木希、田畑智子、篠田麻里子、髙嶋政宏など、個性豊かなキャストが集った。

桐谷健太 コメント

今、日に日に全体がパワーアップしているのを感じますし、稽古をしていない時も、その時代や松永の感情が流れ込んできて、どんどん変化していくのを感じます。他のキャストの皆さんも力強いうねりのようなエネルギーが1つになったり、ぶつかりあったり、色んなところで刹那の強い渦が現れて、とても刺激的です。きっと毎回違う世界が生まれるのだろうとワクワクしております。戦後の闇市で、明日も見えない中、必死で今を生きる人たちの姿は、きっと観る人の心を揺さぶる何かがあると信じています。全員でエネルギーや波動を惜しみなく出していきますので、ぜひ劇場でギンギンに感じて頂きたいです。

高橋克典 コメント

黒澤明監督のどの作品も、若い頃から何度観たかわかりません。この「醉いどれ天使」も然り。三池監督から聞いたところによると『醉いどれ天使』は戦後すぐに作られた、当時の4年後くらいの希望のエネルギーに溢れた作品であると。戦後の焼け野原の中から力強く立ち上がり必死に生きる全ての登場人物たち。その生き様に心打たれます。僕が演じる真田は、幾重にも挫折を重ね、医者としての真っ当な心を持ちながらも酒に溺れる街の医者です。昔確かにいた、街ののんだくれの頑固オヤジですね。桐谷健太さん演じる松永と出会い、ぶつかり合いながらも共に生きる中でどう変わって行くのか、ぜひご覧になっていただきたいと思います。戦争や、あの焼け野原、屈辱、絶望を知らぬ我々現代の若いキャストではありますが、今また別の形で生きるのが困難なある種絶望と圧力の下、三池崇史監督の元、明日への希望を振り絞り、在る命の価値を感じ、演じられたらと思います。人生における時期も含め、とても今の自分に合った役だと感じています。素晴らしいスタッフ、魅力的な共演者達と一緒に演じられることが嬉しく、役者としてのやりがいを感じています。是非劇場で、この熱くエネルギッシュな舞台をご覧ください。

 
舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

舞台『醉いどれ天使』 撮影:田中亜紀

 
【あらすじ】
ある夜、銃創の手当てを受けに、闇市の顔役の松永(桐谷健太)が真田(高橋克典)の元へやってくる。
真田は闇市の界隈に住む人々を診る町医者で、酒が好きで口は悪いが、心根は優しく一流の腕の持ち主。顔色が悪く咳込む松永を、診療所で住み込みで働く美代(田畑智子)も心配する。一目見て肺病に侵されていると判断し真田は治療を勧めるが、松永は言うことを聞かずに診療所を飛び出し、居酒屋で働く同郷の幼馴染ぎん(佐々木希)を訪れ、闇市の様子を見回るのだった。しかし、着々と病魔が松永を蝕み、ダンサーの奈々江(篠田麻里子)は彼から離れていく。一方、松永の身を案じるぎんは、心の内で松永への想いが膨らんでいく。戦後の混乱の中、松永の采配によって落ち着きを保っていた闇市だったが、松永の兄貴分の岡田(髙嶋政宏)が出所し、闇の世界の力関係に変化が起きていくのであった…