2021年10月15日(金)〜17日(日)東京芸術劇場プレイハウスにて、東京芸術祭2021『野外劇 ロミオとジュリエット イン プレイハウス』が上演されることが決定した。

国際舞台芸術祭 東京芸術祭では、これまで劇場を「ひらく」アクションとして、“ワンコインで観劇ができる高品質な演劇”をコンセプトに野外劇を上演してきた。当初GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)での上演を予定されていたが、2021年度は野外劇本来の趣旨が新型コロナウイルス感染拡大につながる恐れがあるため東京芸術劇場プレイハウスに会場を移し、本作をとして上演する。

演出は、2022年に劇団四季オリジナルミュージカル『バケモノの子』の演出が決定している青木豪。そして、総応募者945名のフルキャストオーディションで選ばれた14名が出演する。

今回の『ロミオとジュリエット』は「女系一家・モンタギューvs男系一家・キャピュレット」。タイトルロールとなるジュリエット役には、ミュージカル『テニスの王子様』9代目・10代目越前リョーマ役など活躍目覚ましい阿久津仁愛、ロミオ役には、児童劇団「大きな夢」出身の川原琴響が決定。

ジュリエット役 阿久津仁愛  コメント

 Photo: 安藤理樹

 Photo: 安藤理樹

今回ジュリエットとロミオの性別が逆になったり、斬新な演出が多いので、そこを どう表現していくかすごく楽しみです。『ロミオとジュリエット』のお話を知らない方も惹きつけられるようなお芝居ができるように頑張りたいと思います。女性役を演じるのは初めての挑戦なので、色々悩んだりすると思うのですが、物語や役を全力で生きている姿、そして僕の新しい姿をお客様にご覧頂けたらと思います。

ロミオ役 川原琴響  コメント

川原琴響  Photo: 安藤理樹

川原琴響  Photo: 安藤理樹

東京芸術祭に初めて参加させていただくので、まだ分からないことも多いのですが、とても楽しみです。
オーディションの際、青木豪さんのメッセージに「『人の目をひきたいと思ってる人』、待ってます」と書かれてあったのが印象的でした。普段演劇を観ない方にも、楽しんでいただけるようなお芝居を創れるように頑張ります。