2021年11月26日(金)〜11月28日(日)東京・神田明神ホールにて、『朗読活劇 信長を殺した男 2021』を上演することが決定した。

売上総数200万部以上、明智光秀の新たなる実像を描いた作品として話題の歴史コミック作品「信長を殺した男〜本能寺の変431年目の真実〜」(発行:秋田書店/ヤングチャンピオン・コミックス)。本作品は、明智光秀の末裔と伝わる明智憲三郎の「本能寺の変431年目の真実」を原案とし、「S -最後の警官-」「BORDER66」(原作:小森陽一)を代表作に持つ藤堂裕が漫画に携わり、別冊ヤングチャンピオンで2016年より連載がスタート。現在までに本編8巻+外伝の全9巻が秋田書店より発売中だ。

「信長を殺した男〜本能寺の変431年目の真実〜」 最新刊8巻書影

「信長を殺した男〜本能寺の変431年目の真実〜」 最新刊8巻書影

今回、朗読劇『私の頭の中の消しゴム』を手掛けた岡本貴也が脚本・演出し、生三味線を交えたエンターテインメントに昇華させ、原作コミックにはない新エピソード登場の朗読“活”劇として上演する。

出演者は、ミュージカル『憂国のモリアーティ』-シャーロック・ホームズ役で主演を務めるなど2.5次元舞台を中心に人気の平野良、舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大阪冬の陣-で真田信繁役を務め、時代劇から現代劇と舞台・TV・映画など幅広い活躍をみせる鈴木裕樹のダブルキャストをはじめ、安里勇哉、古谷大和、横田龍儀、宮崎湧、菊池修司、大崎捺希といった実力派から気鋭の若手俳優陣に加え、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』でメインキャラクターを務めた相良茉優と久保田未夢の人気女性声優が集結と、バラエティに富んだ豪華スタッフ・キャストが一堂に会する。

なお、本公演は桔梗・木瓜のメンバーが各公演変わりに出演する。

【桔梗】明智光秀役 他:平野良

【桔梗】明智光秀役 他:平野良

【木瓜】明智光秀役 他:鈴木裕樹

【木瓜】明智光秀役 他:鈴木裕樹

【桔梗】織田信長役 他:安里勇哉

【桔梗】織田信長役 他:安里勇哉

【木瓜】織田信長役 他:古谷大和

【木瓜】織田信長役 他:古谷大和

【桔梗】豊臣秀吉役 他:横田龍儀

【桔梗】豊臣秀吉役 他:横田龍儀

【木瓜】豊臣秀吉役 他:宮崎湧

【木瓜】豊臣秀吉役 他:宮崎湧

【桔梗】徳川家康役 他:菊池修司

【桔梗】徳川家康役 他:菊池修司

【木瓜】徳川家康役 他:大崎捺希

【木瓜】徳川家康役 他:大崎捺希

【桔梗】光秀の妻・煕子役 他:相良茉優

【桔梗】光秀の妻・煕子役 他:相良茉優

【木瓜】光秀の妻・煕子役 他:久保田未夢

【木瓜】光秀の妻・煕子役 他:久保田未夢

 
【あらすじ】
戦国大名・細川忠興の正妻である細川玉は、山奥の幽閉先を歩く。彼女の父は、史上最大の下剋上 “本能寺の変”で信長を殺した男、
明智光秀。途中、連行役の男に父親を「悪人」呼ばわりされた玉は、それを真っ向から否定。罪人同然の玉に反論された男は激高し、
彼女に槍を向ける。なぜ命を危険にさらしてまで彼女は光秀をかばうのか? そこには我々が全く知らない、“本能寺の変”の真実が隠されていた…。

出演者コメント

■平野良
この時代を演じさせて頂くことが多いので、また新たな解釈と世界観を生きられることが楽しみです。

■鈴木裕樹
原作も読ませて頂いていた作品への出演、光栄です。そして朗読“活”劇……ご期待ください!

■相良茉優
朗読劇は初挑戦なので色々わからないことだらけですが、良い作品になるよう一生懸命頑張ります!

■久保田未夢
初めましての方が多くて緊張しますが、精一杯演じさせていただきます。がんばります!