2021年10月28日(木)〜31日(日)に、ウエストエンドスタジオ(東京・中野区)にて上演される、劇団papercraft第4回公演 『椅子に恋した娘』。本公演の追加キャスト、キービジュアルが解禁された。

本作は、椅子がヒトに分類された世界で、椅子に恋をする娘とその家族の物語を描いており、すでに横澤英一、榊美優(STU48)、堀口紗奈(劇団4ドル50セント)、櫻愛里紗が発表されていたが、今回、新たなキャストがわかった。

追加キャストとして江古田のガールズのカトウクリスをはじめ、齊藤友暁、南山あずさ、小原汰武、西谷星彩、佐々木修二、清水克彦、福江美羽、島田勇矢、長谷川愛実が出演する。新旧様々なキャストがどのようにして作中で関わっていくのか注目したい。

また、公開されたキービジュアルには、横澤英一演じる父・哲也が、団地を背景に草が生い茂る場所で椅子と並んで立っている姿。

さらに、本作のあらすじも解禁され、果たして椅子は本当にヒトなのかという議論が連日交わされている、椅子がヒトに分類された世界で、子育ての終わりに嬉しさと物悲しさを感じていたとある一家の父・哲也が、娘のうちの一人である明梨が椅子に身を寄せている姿を目撃するところから物語が展開される。この不思議な世界において、この家族がどのような運命を辿っていくのかが、物語の見どころのひとつになっている他、その家族の周りを取り囲む人間関係が、どう影響していくのが。

作・演出は劇団papercraftの全作品をはじめ、Streaming drama『今日のどこかで』などの海路が担当する。


 
【あらすじ】
椅子がヒトに分類された世界。
世間では増え続ける椅子に対する一人あたりの負担が大きくなっていることが社会問題となっており、
椅子ははたしてヒトなのかという議論が連日交わされていました。
都内近郊に暮らす哲也は、明梨を最後に、祐実、すずの娘3人が無事全員高校を卒業し、
嬉しい気持ちの反面、迫る子育ての終わりに物悲しさも感じていました。
そんなある日、哲也は仕事から予定より少し早く帰宅すると、
明梨が見知らぬ 1 脚の椅子に身を寄せる姿が、そこにはありました。

海路(作・演出) コメント

個人的な話にはなるのですが、ちょっとここ半年くらい色々思い悩んでしまうような出来事が重なってしまい、凄くネガティブになってしまっていたのですが、そんな時期にふと気づいたというか、感じたというか、そんなことを描こうと思っています。ウエストエンドスタジオの無機質な空間の中で、様々な事実が虚構に変換されていく過程を、皆様と共有できたら幸いです。ご来場お待ちしております。