2021年12月に日生劇場にて開幕を予定している、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』のヒロイン、ユリア役を平原綾香、May’nがダブルキャストで務めること、また、大阪公演・名古屋公演の上演が“北斗の拳の日”である本日9月13日(月)に決定した。

「北斗の拳」は週刊少年ジャンプに1983年〜1988年まで、原作・武論尊、漫画・原哲夫により連載された作品。最終戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿が描かれており、連載開始から35年以上たった今でも多くの読者に愛されている。
“北斗の拳の日”はこの「北斗の拳」の連載が1983年9月13日に開始されたことを記念し、2018年一般社団法人日本記念日協会により認定・登録された。

本公演は、「北斗の拳」を原作とした日本発のオリジナルミュージカルで、作曲はフランク・ワイルドホーン、演出は石丸さち子、脚本・作詞は高橋亜子、振付は趙明(ジャオミン)という、日米中のトップクリエイターがそろった。そして、主演の大貫勇輔のほか、加藤和樹・小野田龍之介、植原卓也・上田堪大、川口竜也、白羽ゆり、松原凜子、伊礼彼方・上原理生らというミュージカルスターたちが競演することが発表されている。そんな中、今回、「北斗の拳」のヒロインであるユリア役が解禁となった。

ユリア  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

ユリア  (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

「Jupiter」で歌手デビュー以来日本レコード大賞や芸術選奨文部科学大臣賞など数々の権威ある音楽賞に輝き、近年は『ラブ・ネバー・ダイ』『ビューティフル』をはじめとするミュージカルの分野にも活躍の場を拡げている平原綾香と、アニメ、ドラマ、映画、ゲームの主題歌でトップチャート入りを連発し世界各地で人気を誇るとともに、9月9日(木)に開幕した『ジャック・ザ・リッパー』や『生きる』などミュージカル界でも注目を集めるMay'nの二人がダブルキャストとして、本作でユリア役を演じる。
原作「北斗の拳」において、ユリアはケンシロウの婚約者であり、ジュウザの異母妹で、ラオウ、シンをはじめ多くの男たちが心惹かれる女性として描かれており、歌姫二人がその圧倒的な歌唱力でこのヒロインをどのように表現するかに注目したい。

■ユリア役:平原綾香 コメント

生まれる前から連載していた漫画であり、物心ついた時からすでに世界的に有名な作品だったので、ユリアの存在や「お前はもう死んでいる」などのセリフはもちろん知っていました。
今回、その作品がミュージカルになることも楽しみですし、日本発の新作に携わることが出来るのでとても幸せです。
音楽も書き下ろしの素晴らしい楽曲ばかり。ユリアが歌唱する曲も本当に良い曲で、今からワクワクしています。どんな風に歌えばいいだろうか、どんな風に表現したらいいだろうかと、心の中がすでに、あたたたたー! です。
中国ツアーもあるので、この作品で世界中の人たちに元気になってもらいたいです。私も、ケンシロウたちと共に身体を鍛えて、最高のユリアをお届けします。
この作品はきっと、今までに観たことのない、初体験のミュージカルになる気がしています!

■ユリア役:May’n コメント

世界中で愛されている作品に、ユリアとして出演させていただける事になり、とても驚いています。
嬉しさと同時にプレッシャーもありますが、“誰もが心惹かれる存在”なユリアを魅せられるように頑張りたいです。
日本のみならず、中国での上演も予定され、世界へオリジナルミュージカルを発信するという今作。多くの方に観ていただけることを期待しています!

なお、東京公演は日生劇場にて2021年12月上演、その後、2022年1月に大阪公演、名古屋公演あり、同年秋に中国ツアーの公演も予定されている。