ヨーロッパ・日本を中心に意欲的な指揮活動を展開する山田和樹 (やまだ・かずき) が、2023年4月からバーミンガム市交響楽団 首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任することが発表された。
山田は、2012年に初めて同団を指揮、2016年に行われた日本公演を成功させるとともに、2018年からは首席客演指揮者の任に就き信頼関係を深めてきた。
バーミンガム市交響楽団(CBSO / City of Birmingham Symphony Orchestra)は、1920年に創立されたイギリスを代表するオーケストラ。1980年以降サイモン・ラトル、アンドリス・ネルソンスなど、現在巨匠と称えられる指揮者がCBSOのポジションを持ち、精力的な活動を展開したことでも知られている。

<山田和樹のコメント>

2012年、バーミンガム市交響楽団(CBSO / City of Birmingham Symphony Orchestra)を初めて指揮した時から、メンバーと心の深いところで結びつくのを感じました。この "結びつき"は、2016年に行った日本公演、そして9年以上の歳月を経て、ますます深く大きくなっています。
 
この素晴らしいオーケストラと、今度は首席指揮者として共に "旅" を続けられることは光栄で、心から嬉しく、今から胸を躍らせています。

<山田和樹プロフィール>

2009年第51回ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。
以降、ドレスデン国立歌劇場管、パリ管、フィルハーモニア管、チェコ・フィル、スなど主要オーケストラでの客演を重ねている。2016/17シーズンから、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督、2018/2019シーズンからバーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者に就任。2010年から2017年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務めた。日本では、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者、読売日本交響楽団首席客演指揮者を務める他、東京混声合唱団音楽監督兼理事長、学生時代に創設した横浜シンフォニエッタの音楽監督としても活動している。
1979年1月26日生まれ。神奈川県出身。
*2021年9月16日(木)、18日(土)には、現地(バーミンガム市シンフォニーホール)で山田和樹指揮バーミンガム市交響楽団公演が予定されている。