CS放送局「衛星劇場」にて、2021年10月9日(土)に今年1月に配信された『第一回 春風亭一之輔のカブメン。』をテレビ初放送することが発表された。

『春風亭一之輔のカブメン。』は、ホストの落語家・春風亭一之輔が毎回、歌舞伎俳優をトークゲストに迎え、落語と歌舞伎の“傾(かぶ)く心”に迫る、落語ファン、歌舞伎ファンの双方が楽しめるオンライン配信シリーズ企画。大の歌舞伎ファンという一之輔が視聴者と共に、まだまだ不思議な歌舞伎の“傾(かぶ)く心(メンタリティ)”=「カブメン。」に、興味津々に切り込んでいく企画で、トークの前には一之輔が落語「死神」を披露、そして第一回のトークゲストとして歌舞伎俳優の松本幸四郎が出演する。

春風亭一之輔 /(C)松竹

春風亭一之輔 /(C)松竹

(左から)松本幸四郎、春風亭一之輔 /(C)松竹

(左から)松本幸四郎、春風亭一之輔 /(C)松竹

コロナ禍でリアルでの公演が困難となる中、いち早くオンライン配信に挑戦したという共通点のある二人だが、実は今回が初共演。幸四郎の歌舞伎の“メンタリティ”に一之輔はどう迫るのか。そして、配信で明かされる一之輔との意外な接点とは!? 初共演の「カブメン。」で、どのような会話が繰り広げられるのか、期待しよう。

(左から)春風亭一之輔、松本幸四郎 /(C)松竹

(左から)春風亭一之輔、松本幸四郎 /(C)松竹

なお、11月は第二回(ゲストは中村米吉)を放送予定。また、衛星劇場では、毎月テレビ初放送のものを含め10本以上の落語を放送している。

(左から)春風亭一之輔、松本幸四郎 /(C)松竹

(左から)春風亭一之輔、松本幸四郎 /(C)松竹